2007年04月21日

 23限 さあ、いよいよ征服計画実行!

 

さあ、いつも言っているとおり、先手必勝で行こう!ちょっと前に、テレビ番組で、15個?のみかんを2人で、一回にひとり3個まで取るというルールでゲームをすると、かならず先にスタートした人が勝つというのをやっていました。なにか数学的な根拠があったような気もしますが、よく覚えていません。

でも社会の勉強は、やればやっただけ得点源になるのだから、これから受験生の君も、まだまだ先の君も自分の実力の底上げにはもってこいだよね。

そこで、今日は、スケジューリングを伝授します。
受験生は今年一年が勝負なので、受験生を対象に話を進めますが、それ以外の人にも共通で役立つ部分があると思うので、参考にしてね。

「一年の計は元旦にあり」というけれど、「ANNEの中学社会の征服計画」実行部隊のみんなは「受験の計は4月にあり」と肝に銘じよう!では、具体的計画。


  • @年間スケジュール表を作成 中間・期末スケジュール。第一段階・第二段階・第三段階

  • A超うすうすの問題集を用意

  • B目次を開く

  • C各項目の達成目標を書き込む

  • D達成目標をクリアできるように実行あるのみく






@年間スケジュール表を作成

●学校で、年間スケジュール表をもらうと思うけれど、まずチェックすべきは、1月中旬から2月にスタートする入試の願書提出と入試の日程。(これはわかる範囲で調べてみよう。各都道府県で違うはずだから)

各中間・期末テストの日程
これは、定期テスト前は、普段と勉強方法を変えるほうがいいからです。定期テスト1週間前になったら範囲を教えてもらえるはずなので、範囲がわかったらまず教科書と資料集などに付箋を貼ろう。もしくはクリップをはさむのでもOK。つまり範囲をいちいちチェックしなおさなくてもいいようにしておくわけです。

細かいテクは改めてね。

夏休みまでのスケジュールを立てる(第一段階)
夏休みまでに、ぜひとも1・2年の復習を完了すべし

A超うすうすの問題集を用意
B目次を開く

●例えば、中学1・2年社会の復習―高校入試対策の第一歩は1・2年標準問題の復習から">「中学1.2年社会の復習」ならば、目次には、17の項目と診断テストがついています。
そこで、7月までの3ヶ月弱でまず1、2年の社会の復習をクリアしましょう。

中間・期末の計2週間を除いて、7月の終業式前をターゲットにしましょう。すると17÷3=5.66...となります。だったら一ヶ月に6項目ずつクリアすればいいことにしましょう。

前倒しすると余裕が出てトクをするのは、住宅ローンとかの繰上げ返済と同じ。あとに余力を残すためにも、復習はさっさとすませよう。

1週間に2〜3項目クリアすればいいので、目次の右側に終了予定日を書き込もう。あとは実行あるのみ!!
達成できたら、目次右側の達成予定日を花まるで囲んだり、シールを貼ったり、マーカーで踊らせよう。
達成した君へのごほうびです。

すべての項目を7月の夏休み前までにクリアできたら、すばらしい!!

●夏休み中のスケジュールを立てる(第二段階)
夏休み中は、是非実力アップを図りたいので、宿題は夏休み第一週目に完了すべし。5教科あるので、一週間に一回ずつ1つの教科を勉強してもいいけれど、はっきり言って、同じ教科ばかりやるのは飽きます!ふらふら
一日のうちでも学校と同じく時間割を作って気分転換をしましょう♪

夏休み第二週は1学期に勉強した公民の復習です。これも第一段階と同じように進めよう。
夏休みの残りは、これまでの範囲内の問題演習です。ひたすら解いてひたすら覚えよう。

●2学期のスケジュールからはまた次の授業で。

では、本日はここまで。起立。礼。チャイム♪



posted by ANNE at 11:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

 22限 勉強でも生かせる!?顧客満足主義


 

みんな元気に過ごしてるかな? 楽しい春休みも終わり、みんなそれぞれ進学、進級して新しいスタートラインに立ったよね。さあ、これからだ!

先日子供の塾の親子面談に行って来ました。そこで先生がおっしゃったのは、「先生にやる気をアピールしよう」ということでした。目

授業中、ずっと下を向いたままだと、ちゃんと聞いているのか微妙だけれど、要所要所で、きちんと先生の顔を見るようにすれば、先生は「あ、この子はきちんと聞いているな♪」と認識する。別に先生のご機嫌取りをするわけではないですよぉ。でも、でも、先生が一生懸命授業をしているのに無反応なのと、きちんと先生の目をみて反応するのとどちらが心象がよいかといえば、先生にきちんと「聞いてるよぉ」とアピールするほうだよね。

そのこと一つとっても、やる気を見せることって大事じゃないかな? 

さて、本日の授業。
「勉強でも生かせる!?顧客満足主義」とタイトルをつけたけれど、今社会では今さらって気もするけれど、モノがあれば売れた時代と違って、いかにお客さんに満足させることができるかで、その商品のみならず、その商品を扱っている企業が判断されるのが今の世の中です。だから企業なりセールスパーソンはお客さんに満足してもらうためのプラスαを必死に生み出していますよね。

とくにこの顧客満足主義というキャッチフレーズを打ち出しているのは、携帯のauかな? 

ところで、みんなはどうでしょう?
例えば、部活でレギュラーの座を獲得したいと思ったら、自主練習をしたり、部活で時間前には着替えて一生懸命なところを部活の顧問の先生や先輩にアピールしたりするよね。

あんまりないと思うけど、クラス委員になりたい!なんて思った場合も、自分の強みをアピールしたりするよね。きっと。なにしろ選んでもらわなければいけないわけだから。。。

では、内申点を上げたいと思ったら、どうするか?
この場合は、みんなの顧客(?)は学科担任の先生だったりするんだよね。何しろみんなの成績を評価するのは先生なわけだから。その辺は、社会に出て上司にきちんと評価してもらうために頑張るのと似ているよね。

自分の努力に見合った評価をしてもらわないと、損するよね。せっかく試験で点数が取れていたとしても、授業態度がイマイチまじめに見えないとか、提出物を出さないとか、出しても教科書丸写しバレバレだったりとかだと、やる気がないのかなぁ?と思われてしまって、3か4か、または4か5か?どちらをつけるかといった時に試験の成績だけなら4だけど、ふまじめだから3にしとけ!なんてことになってしまう…。

すると、あと1点内申点があれば、志望校をA高にできるのに、B高で妥協しなければならないということになってしまう。それってすごく悔しいでしょ?

だから、今日から先生を顧客だと思おう♪ 少しぐらいイヤな奴でも、意味不明なことを言っていてもそこは客だからガマンガマン。ボストンレッドソックスの松阪大輔のように、「イチローと対決したいんだ」みたいなオーラを出していきましょう。そしたら先生だって君をほうっておくことはできなくなる。

そして、宿題を出したりするときは、当たり前に求められていることをこなすだけでなく、「プラスα」をアピールしよう。

ANNEは例えば、英語の模試の校正の仕事を請け負ったりすることがあるのですが、ただ文字の間違いをチェックするだけでは、当たり前の仕事だよね。でも、アクセントの問題で4択だったとして、文字のチェックだけでなく、4つの単語のアクセントの位置も調べておいてあげれば、取引先の人が調べる手間がはぶけたりする。そういうのもプラスαの工夫なんじゃないかな? 黒ハート

みんなの場合は、どうすれば先生をうならせることができるか、自分で考えてみよう!
社会に限らず、どうすれば相手が喜ぶかな?と考えることはきっと君にとってプラスになると思うよ。

では、本日はここまで。起立。礼。チャイム♪ 
posted by ANNE at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

 21限 社会の勉強もトラックバックしよう♪




 

みんな元気に過ごしてるかな? 勉強してる? え?もったいない? せっかく宿題もない春休みなのに?でも、今からひそかに戦いの準備が始まっているんだよぉ。目覚めよ、諸君!なんちゃってね。やっぱ先手必勝でしょう!

さて、本日の授業。
社会の勉強もトラックバックしよう♪ トラックバックって何ねん? と突っ込みを入れたくなる?
うんうん。まず何を言いたいのかを考えてみよう。 わからない?? では、解説。

トラックバックというのは、ブログを読むみんなならご存知だとおもうけれど、あるブログを見て、関連があるな?と思ったり、自分はこう思うよ♪というときに、そのブログから自分のブログにリンクを張ることができる機能です。

つ・ま・り 「ことがらとことがらをリンクさせよう」というのが本日のテーマ。
18限で、歴史と地理は座標の縦軸と横軸だ と説明しましたが、覚えているかな?

そのときは、紀元前から儒教、キリスト教、イスラム教、仏教で、どれが最初?という話をしました。
今日お話したいのは、例えばイスラム教と出てきたら、教科書の最後の索引を見て、イスラム教関連ページへトラックバックしようということ! トラックバックするのは、教科書だけではないよ!社会の勉強をするときは、教科書、資料集、地図帳を手元におこう。そして、イスラム教と出てきたら、教科書、資料集、地図帳をすべてトラックバックしてみよう。手(チョキ)

すると、歴史と同時に地理にも強くなれるでしょ?
そして、資料集。この資料集がクセモノ。資料集の存在って忘れがちでしょ?でも、ANNEがもし社会の先生なら、資料集の一部を問題にのせて、「これは地図上でどこで起こったことか?」なーんて問題をつくっちゃうかな?

まじで教科書と資料集をリンクさせておくと、試験に強くなるよ。
これは、問題集を解く(解答を写すときも同じね。)ときも、トラックバックさせようね。
こういうテクを日本語でいうと、「芋づる式」というんだけど、一つだけ覚えているよりも、いろいろリンクさせたほうが覚えやすいんだよね。しかも、どれかを忘れても、リンクさせておけば他のところがヒントになって思い出せることもあるんだよね。だから、キーワード検索テクトラックバックテクは駆使しよう。


では、短いけど本日はここまで。起立。礼。チャイム♪ 

タグ:社会全般
posted by ANNE at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

 20限 教科書はオールマイティではない!




 

春休みもあと1週間・・・ 有意義に過ごしてる? 
普段読めない本や、普段見れない映画を見ておくのもみんなの栄養になるよ。ぜひこの春はこれをやった!というものを1つでもいいから作ろう!

ところで、今日の20限は、いつもと趣が違いますが、聞いてね。

みんなは新聞読む? ANNEはいつも時間に追われているので読むときと、ぜんぜん読めないときがあります。ただ、3月31日のニュースは要チェックです。

各新聞、ニュースで取り上げられていましたが、

沖縄戦集団自決に関して、「軍が強制」削除もとめる

第二次世界大戦の沖縄戦であった集団自決について、「近年の状況を踏まえると旧日本軍が強制したかは明らかでない」として従来の姿勢を変更。旧日本軍の関与に言及した日本史の教科書に、修正を求める検定意見が付いた。
2007年3月31日 中日新聞より

特に注目すべきは
●集団自決 「強制」→「追い込まれた」
●イラク  「戦時」→「主要な先頭終結」

沖縄戦の後の集団自決に関しては「ひめゆりの塔」とかが有名ですが、沖縄県民の人の立場にたって考えて見ましょう。
「集団自決を強制された」というのと、「なかには集団自決に追い込まれた人もいた」というのと、比べてみてどうですか? 

なかには… 追い込まれた人も というニュアンスには、別に強制されたわけではなく集団自決してしまった という可能性も含まれますね。 ま、意見の分かれるところだと思いますが、ANNE
の独断と偏見による意見では、政府がつけ込まれる余地をなくしたいという意図があちこちに垣間見えてしまいます。従軍慰安婦問題や南京事件 (わからない人はこの際調べてみよう)についても、旧日本軍がおこなった虐殺とか横暴をケムに巻いてしまおうとしているように見えますが、みんなはどう思いますか?

ここで歴史の教科書から、事実を消してしまえば、時代の生き証人の人達がこの世から去ってしまったら事実を知る人はいなくなります。そうすると正しい理解は困難になりますよね。

これはある意味、戦時中の言論統制のように感じてしまうのはANNEだけでしょうか?

本来の授業とはちょっと違いますが、なんだかこれは若いみんなに訴えてみたいと思ったので、本日はこうした内容になりました。

みんなは、教科書や新聞やニュースの内容をうのみにしていることはないだろうか?

もちろん、それぞれの内容はおおむね正しいことを伝えているわけだけれど、書き手、ニュースの伝え手がどういう視点に立って、どう伝えるかによって、同じ内容でもずいぶん違った意見になることがあります。

今日取り上げたこの検定教科書の問題はその典型? 

だから、みんなは、一つの資料、一つのニュース、一つの記事だけを読んで、理解するのではなく、違った方面からも見るというテクを身につけて欲しいです。何でも疑えというのではないですが、例えば病院で診断結果をうのみにするのではなく、セカンド・オピニオンを求めるようなものかな?

そうすることで、間違った情報、デマ、イカサマなどで翻弄されなくてすむよね。

「もしかしたら、違う意見・違う記事もあるかもしれない」という「・・・カモ」を大事にしよう
       
ということで、本日の授業はここまで。起立。礼。チャイム♪
タグ:社会全般
posted by ANNE at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。