2007年06月23日

 32限 やっぱテスト直前対策




 

さてさて、来週期末という人多いんじゃない? 7月にはいると3年生諸君は個人面談(進路相談)があるはず… だから成績表を作ることを考えても期末は6月中? ということで、テスト直前対策!!



●定期テスト=授業で学習した内容をきちんと理解しているかどうかを確認、また評価するためのテスト。範囲があらかじめ絞られているので、準備期間が充分にあれば高得点マークも夢ではない。

(ANNE流用語解体新書 なんちゃって…) 勝手に定義してみました。

ここで、ポイントは「範囲があらかじめ絞られている」ということ。逆に言えば、みんなが目指すべき入試には、範囲がない!!
つまり、定期テストを甘く見ないで、定期テストごとの範囲をきちんとマスターしていけば、その積み重ねで入試は恐るるにに足らずとなります。でも、きっとコレを見ている君は、そんなことできてりゃ苦労しねーよ!と思っているにちがいないので、ここでテスト直前対策をご紹介しよう。

テスト直前(ほんとに目前 明日テストという場合)の対策

@教科書を範囲の最後から読む
A教科書の太字部分を単語カードかレポート用紙に書き出す
B資料集、地図などで、場所、年号を確認
C問題集、学校でもらったプリントは必ず目を通す(=覚える)

これで、最低限7〜8割ポイントゲットできるはずです。

●@の教科書を通し読み
できればテスト一週間前にはこなしておきたいメニューですが… やってなければ仕方がない。一度読んで理解してやろーじゃん!の気合で集中して読む。

●rA単語カード、レポート用紙にピックアップする
これは重要ポイントを把握するためには有効。単語カードなら、表に重要項目、ウラに説明を書く。説明は簡潔に!覚えやすく!
レポート用紙なら、半分に折って、左に項目、右に説明。あくまでわかりやすく、一項目1行で。箇条書きが望ましい。

●B社会科は地理でも歴史でも、公民でも、教科書と資料集、地図帳、などは相互リンクしているはずなので、試験範囲内の資料集や地図は必ずチェック。この一手間で問題一つトクすることもある。逆に見てないとぜーったい後悔する。後で確認するとしっかり資料集まんまで出てることがあるものだ!特に表形式、年表型式になったものは要注意。前後左右の項目もでることがあるのでよく記憶すること。

●C問題集は、この際中間・期末対策モノを購入しよう。要は定期テスト対策は教科書対応のものが望ましいということ。
学校でもらったプリントなら、ここから出すかも…と先生からの大サービスの可能性大なので、穴埋め問題とかはきちんと覚えよう。
問題集もプリントもコンビニでコピーしてこよう。そのコピーに赤ペンで答えを写していく。これで6割取れる(ハズ)

教科書準拠型問題集は、どのポイントが出やすいかすでに研究・検討されて作られているので、ショートカットでポイントをつかみ、同時にどういう型式でテストが出やすいかもシミュレーションできる。
マジこれは便利!本

この投資は決して損はないよ!手(グー)

以上、簡単に直前対策講座を終わります。
@〜Cまで全部やってみるのが理想だけど、時間切れならBCだけは絶対やろう。@の教科書通し読みも時間が許せばぜひ!
では諸君の検討を祈る。手(チョキ)

※1 いうまでもないけど、重要項目はきちんと漢字で正確に(太字どおりに欠けるようにしておくこと!せっかく答えがわかっても漢字間違いで減点!ってこともあるからね。これも本番で間違わないための先生の愛のムチだったりするんだけどね。覚えればノープロブレムわーい(嬉しい顔)

※2 この直前対策、社会に限らずどの科目にも当てはまります。ぜひ内申のボトムアップを図って、夏の勉強につなげようね。
Good Luck!

これ、オススメ黒ハート ★★★
教出 社会地理 ズバリよくでる中間・期末テスト

ANNEオススメ度 ★★★ 定期テスト対策はやっぱ定期テスト問題集にまかせようるんるん
ハート清水版 中学社会 歴史 教科書トレーニング

ハート日本書籍版 教科書トレーニング 中学社会 地理

ハートANNEオススメ度 ★★
中学社会 歴史(大書版)―中間・期末対策テスト

ANNEオススメ度 ★★★
ハート中学公民―定期テスト対策・要点らくちんチェック


=========================================



こちらもよろしく
「ANNEの中学英語征服計画」 http://www13.or.jp/e-soleil/
「ANNE的徒然英語勉強部屋」 http://anne-studyroom.seesaa.net/ 刑事コロンボシリーズフィーチャー中 現在「美食の報酬」紹介中で

す。よろしく
posted by ANNE at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

 31限 魅せるレポート大作戦 Part2.



 

あれ? また更新したの? という声が聞こえてきそうですが… 元気?犬
気まぐれでごめんね。ネタ、というか授業内容を思いつくときと、ぜーんぜんアイディアが浮かばないときがあるんですよぉ。
いわゆるスランプってやつ? ま、読者のみなさんには大目に見てもらって、お付き合いくださいね。

いま、レポート大作戦? と思うでしょうが、これには身近な理由がありまして… 
うちの下の子が中1ですが、歴史のレポートが宿題で出たそうなのです。 あした提出だというのにまだ手つかずらしいので、ここで喝!
といきたいところですが、喝を入れてもレポートができなければしょうがないので、急きょ魅せるレポート大作戦 Part2です。

基本は魅せるレポート大作戦を参照してね。
今日は、すべてのレポート、すべての仕事に共通のセオリーを教えます。(ちと大げさかな?)


●レポートの構成


  • @現状把握

  • A原因究明

  • B問題提起

  • C解決のためのプラン提示



大きく分けてこの4つのポイントがカバーできていれば、一通りのレポートとなります。
では、もう少し詳しく解説しましょう。

レポートには「○○について述べなさい」という課題があるものと、自分でテーマを決めてレポートを作成するものと2つのパターンがあり
ます。これは宿題、夏休みの自由研究、テスト、入試の小論文その他に共通します。調べる時間があれば 「○○について述べよ」と課題
があるほうが当然ラクです。
課題がない場合は、いままで自分が勉強した範囲から、自分で興味を持てる内容、もしくは「あれ?なんで?
」と思ったようなことをテーマにすれば書きやすいでしょう。

@現状把握
どんな出来事も現状把握ができなければ、何も始まらない。今の出来事 例えば、阿部政権を揺るがしている「年金問題」とかでも年金問
題とはなにか? どんなことが起きて問題となっているのか?が、わからなければ、何もわからないよね?

もし、歴史についてのレポートならば、タイムスリップしたつもりで、そのときの政治なり事件なりを把握しよう。
現状把握とは、背景把握、背景理解とも言います。そして基本は5W2Hです。つまり、誰が、いつ、どこで、何故、何をしたの

か? どのように? どのぐらいの規模で? 
このポイントが5W2Hです。るんるん
ex:「大化の改新」だったら、中臣鎌足と中大兄皇子が 645年(奈良時代に)、蘇我氏を滅ぼした事件です。舞台は飛鳥地方(奈良県周辺?)原因は政治の権力が蘇我氏に集中し、天皇をもしのぐ力を持ってしまったから(人間強大な権力を持つとわがままになるらしい…。どこかの国でも為政者としての責任は?という人がいたりするでしょ?)。

聖徳太子の死後、跡継ぎ問題で、政府が2つに分裂。結局蘇我氏が政敵を暗殺することで、跡継ぎ問題、権力掌握に成功。ますます権力を
増大させます。そこへ、天皇中心の政治の確立と蘇我氏打倒をすることで、理想国家を目指す中臣鎌足が登場し、中大兄皇子を協力者に蘇
我氏滅亡を果たす という歴史的事件です。政治が腐敗し、新しい勢力が起こって政権交代が行われる。昔からこのように歴史は繰り返し
てきたのですね。

A原因究明
どうしてそんな事件が起こったかの原因探しです。すべての事件には原因がある。背景を把握する中で原因も見えてくる。

B問題提起
蘇我氏が強大な権力を持つことで、どんな問題が持ち上がったのか?どうして蘇我氏は打倒されなければならなかったのか? というポイ
ントをピックアップ。

C解決のためのプラン提示
これは、現在の話であれば、自分が考える「こうすればいい」という提案です。年金問題だったら、「年金問題を調査する委員会を立ち上
げて受給資格のある人に年金をあげられるように財源を確保する」とか「過去のデータをもう一度洗いなおす」とか?

過去の話であれば、今さらどうこう言ってもはじまらないので、その事件について、自分なりの意見を述べることになりますね。
うーん、例えば、大化の改新であれば、蘇我氏があまりにも傍若無人な政治を行ったので、政権が倒れた、とか蘇我氏が行った何らかの政
策が失敗だったのだとか、(ちょっと思い浮かびません…)

そして、それを発展的に今に結び付けられたら Very Good です。
権力が一つのところに集中しすぎると、政治はゆがむ、とか、権力分散する必要があるとか… ? あとは、読者諸君の感性の問題ですね
本どう時代を読むのか? どんな問題意識を持っているのか? 

たとえば、戦前、関東軍が力を持ちすぎたために、ストッパーがいなくなり、戦争に突入してしまった。または戦況がかなり悪かったにも
かかわらず、戦争を終結させて国民を守ろうとしなかった、とか。
国民は何も知らされていなかった。だから言論統制は危険だとか… 

このステップでレポートを書けば、まず落第はしないと思いますよ♪ 

お医者さんだって、現状把握(病状把握)→ 原因究明(病気の原因究明)→ 問題提起(生活習慣に問題がある、とか…)→解決のため
のプラン提示(メタボリックシンドロームを予防するために、アルコールを控えましょう、とか…)のステップで治療を行うでしょ?あれ
と同ステップですよ。

では、Good Luck!



では次回。32限で。手(チョキ)

===========================================



こちらもよろしく
「ANNEの中学英語征服計画」 http://www13.or.jp/e-soleil/
「ANNE的徒然英語勉強部屋」 http://anne-studyroom.seesaa.net/ 刑事コロンボシリーズフィーチャー中 現在「別れのワイン」紹介中

です。よろしく
posted by ANNE at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

 30限 内申UP大作戦!


 

こんにちは。梅雨入りしましたね。でもこの週末はなんだかお天気に恵まれているみたい… 
ANNEやつかの間の洗濯日和! なんだか大量に洗濯してます

ところで、もうすぐ期末!実はこの期末は結構重要だって知ってる?内申点というのは受験生なら知っていると思うけど、高校受験には当
日の試験結果ともう一つ中学3年のときの成績が合否判定に使われるんだよね。だからこの期末は内申upのチャンスでもあるし、ここ一番
頑張っておく必要もあるということ。手(チョキ)

3年の範囲は授業がそのまま入試勉強!
●入試問題の半分は3年範囲から出題される。毎日の授業を確実に理解しておかないとあとが大変になる。
●入試の合否判定の重要な資料となる調査書の成績は定期テストの成績で決まる。それだけではない。このテストでよい成績を取った人は

、その後の成績も伸びるというデータがある。
「全国高校2008年受験用入試問題正解」より 



ね。超重要なファクターだということはわかるよね。

では、何をどのように頑張ればいいのか?
とりあえずテスト前は、テスト範囲の完全征服に集中すべし!

やはりいつものように、テスト範囲のテキストと、資料集、問題集を用意。学校でもらったプリントなどがあれば、ラッキー。テストに必
ずその中のどれかは出るということ!!パーフェクトを狙おう。本


  • @教科書、資料集などを総動員して、学校でもらったプリント、問題集の範囲内の問題をノートに回答していく。

  • Aひととおり問題集が終わったら、教科書を範囲の尻尾から(つまり逆から)読む。必要に応じてマーカーでチェック

  • Bもう一度問題集を、今度は解答を見ないで紙に書く。

  • C答え合わせ。ここで間違えた問題をほうっておかない。ケアが大切。間違えるということはきちんと理解していないということなので、もう一度関連の教科書部分や資料をチェックしなおして確実に把握しておく。

  • D問題集の左(ナンバリング)してある部分に◎(楽勝)、○(一応理解)、△(間違えた!)などマークしておく。これは夏休みや最終チェックにも役立つので、問題集を一回やるごとにマークする。



何よりも、大事なことは、ケアレスミスをなくすこと。取れるところで確実に得点Getすること。野球やサッカーもそうだと思うけど、
ここは絶対落とせない、あるいは相手に得点させてはいけないヤマで確実に得点する。もしくはミスをしない。これが大事。
あとどんなピンチが待ってるかわからないわけだから… そしてできるだけ得点のチャンスは増やす。

そのためには、教科書に書いてある重要事項は落とさないことが大事だよね。ここでひとつ。社会はよっぽどひねってなければ、知ってれば解ける=回答できる、という事実。

勉強やそのほかのことで、結果を出す人はどうしているか知ってる? とりあえずやってみる!んです。あれこれ理由をつけてやらないの
は簡単。でもやってみないであれこれ言ってても結果はついてこない。やってみてもっと違うやり方があると思えば、そのときカスタマイズ(自分仕様にする)すればいいのだから、まずやってみよう。
これは社会に限らず、どの科目、どんなことにも共通する要素です。ANNEは普段英語を教えていますが、素直な子ほどぐいぐい伸びます

これは事実。

みんなもだまされたと思ってやってみよう!まずは期末テストの成功を祈る。
では次回。31限で。

===========================================



こちらもよろしく
「ANNEの中学英語征服計画」 http://www13.or.jp/e-soleil/
「ANNE的徒然英語勉強部屋」 http://anne-studyroom.seesaa.net/ 刑事コロンボシリーズフィーチャー中 現在「美食の報酬」紹介中
です。よろしく

過去問を制する者は受験を制す! と言うわけで、こちらもチェック黒ハート
posted by ANNE at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

 28限 地理がわかると?




 

こんにちは。6月にはいりましたね。週末はなんだか強い雨。梅雨? という今日この頃。
受験生諸君はがんばってますか?

地理って、なんで必要か? は先回お話したけど…
地理が苦手な人って、イメージする力不足なんじゃないかな。
たとえば、宮崎県といったら、今ならきっと「東国原宮崎県知事」を思い浮かべると思うけど、じゃ宮崎県はどこにある?

正解:九州南部。詳しくは自分で地図帳などで調べてみよう。
では、宮崎県で思い浮かべるものは? 青島海岸とか、日南海岸とか、巨人キャンプ地とか、日向どりとか…

こんな感じで、土地の名前を聞いて、連想ゲームのようにいろいろイメージできるとあまり苦痛ではなくなるけど、その場所がどこなのか、どんな土地なのかさっぱりわからないと、「どこそれ?」「関係ないし…」とか関心はわかないよね?

でも、世界は確実に動いていて、自分の知らないところで、小さい子供が食事も食べられずに飢えて死んでいったり、AIDSが蔓延する国で生まれたときからAIDS陽性だったり、子供が武器を持って戦争をしていたり… 

知らない、ですめばいいのかもしれないけれど、世界情勢をチェックしていないとどこから火の粉が飛んでくるかわからない時代だから、やっぱり地理に関心をもってほしいな。

地理というのは、ただ場所を覚えたり、産業を覚えたりするだけでなくて、実際の私達の生活に密接にむすびついているからね。公民もそうだけれど、公民はどちらかといえば政治や行政、司法(法律や警察関係ね)が絡むけど、地理と公民は縦糸と横糸のように密接に絡んでいるからきりはなせないんだよね。

今、問題になっている年金問題(もらえるはずの年金がもらえずに時効となるアレです)は公民がらみの事件だよね。老後のために貯金してたのに、満期になってみたらもらえなかった!!というひどい話だよね。

社会を征服するのには、やっぱり関心を持つ、問題意識を持つことが大事だと思います。このニュースはどういう意味を持つのか?どうしてそういう事件なり出来事が起こったのか、とか…

今日のアドバイスは、新聞やニュースで土地の名前が出てきたら地図で場所を確認してみよう。
ちなみに6月8日までの日程で開かれて「地球温暖化対策」が最大の焦点となったG8サミットが開かれたのはどこの国のなんという町でしょう?

答え:ドイツ ハイリゲンダム。
温室効果ガス排出量の削減について2050年までに半減することを真剣に検討する長期目標を確認した。
2009年までに新枠組みを立ち上げて地球規模の削減に向けて合意を目指すことになった。

参考:中日新聞6月9日

最近の中間・期末テストや入試では、時事問題も出ることがあるから、やはり社会の動きに注目しよう!
ホットなうちに場所を把握すると、何度もニュースで聞くたびに「ああ、あそこだ!」と記憶を定着させやすいからね。テスト前だから、じゃなくて普段の取り組みがやっぱり大事なんだと思うよ。

あとは、まとめノート(作ってる?)をすきま時間にチェックして、問題集とかで傾向と対策をつかむ!
これで社会はOK! 何しろ範囲が多いから… 
一夜漬けはあり得ないしね〜 がんばれ〜♪

では、29限はこれにて終わり。



===========================================



こちらもよろしく
「ANNEの中学英語征服計画」 http://www13.or.jp/e-soleil/
「ANNE的徒然英語勉強部屋」 http://anne-studyroom.seesaa.net/ 刑事コロンボシリーズフィーチャー

中 現在「別れのワイン」紹介中です。よろしく
posted by ANNE at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

 28限 地理ってなんで必要?


 

さーて、少しゆとりのある時期ですね。3年生の諸君は修学旅行とかかな?是非楽しんできて欲しいですね。

その修学旅行。どこへ行くかはそれぞれ学校で違うと思うけど、その土地の地理がわかったら旅はもっとたのしくなると思います。え? 違う? うざい?

まあ、そういわず…

では、本題。
何故、地理は必要か? 世界と仲良くするため? かなぁ。ANNEにもその辺はよくわかりません。
でも、住んでいる町のことを知らなければ、生活するのに不便だと思います。

少し前、「もったいないから」と新幹線駅の誘致の取りやめをめぐって選挙戦が繰り広げられた土地がありました。なぜ、もったいないのか?または何故誘致することにメリットがあるのか?

住民ならば、しっかり関心を持たなければならないですよね。
なぜか? 何故ならそうした大きなプロジェクトはみんなのお父さん、お母さんが働いた給料から税金が引かれて、その税金で支払われるからです。つまり皆が大人になって働き始めたら、みんながそうしたプロジェクトのお金を払うことになるってこと。

どうでもいいですか? 血と汗のにじむお金を無駄なことに使って欲しくないでしょ?住民として、幸せになれるお金の使い方をしているかチェックする必要がありますよね。

例えば厚生年金。今働き盛りの人の厚生年金は、そうした無駄な投資の結果、かなりやばいらしい…
齷齪働いて、定年を迎えても年金もらえません〜 なんてひどいよね。

ま、これは地理にかぎったことではないけれど。

では、地理を学ぶメリットをご紹介。
簡単なところで、旅行に行くとき、名所・旧跡を知っていると、観光スポットをはずさずチェックできる。
例えば、温泉めぐりが好きだとして(そんな中学生あまり聞かないけどね)湯布院温泉は日本のどのあたりにあるか、とか、白骨温泉はどこにあるかとか… 

最近はやりの「ヘキサゴン」でたくさん答えられるとか… なんだそれ?ちっ(怒った顔)

ここで、ちょっとしたシミュレーションをしましょう。飛行機
みんなは、とある大手商社の社員です。海外の取引先を開拓することになりました。商社というのは、いろいろなものを輸入して、それを国内の企業に販売するのがお仕事です。

例えば新しいワインを輸入することになったとして、どこの国のどの地域でワインの原料のぶどう栽培が盛んなのか、安全でしかもおいしい、これから先取引しても大丈夫そうなワイナリーはどこか? 新しい取引先を開拓したあと、そのワインを国内で売れ筋商品として世間に認知させられるか…バー

こうしたことを考えながら、仕事を進めなければなりません。もし世界地理を知らなければ、当たりもつけられない。見当はずれな土地を探しても、骨折り損なだけで会社の利益、ひいては君の利益には全くつながりませんよね。

原産地の選定には、その国の政情も考慮しなければなりません。たとえおいしいワインだったとしてもそれが民族紛争やテロがひっきりなしに起こるような国では、リスキーすぎます。保険だってかけられないしね。(政情不安な国と取引する場合、戦争やテロ、暴動などでこうむった損害は保険でカバーされないんですよ。)さらに国は安定していてもその国の経済状態に不安がある場合、やはり取引を考えざるを得ませんねがく〜(落胆した顔)

。そんなこんなで、輸入先選定ひとつとっても、その国の産業、経済、政情その他いろいろ考えなければいけない要素があるんですね。

地理を学ぶということは、ある意味そういうことです。知らないよりも知っていたほうがデメリットを防いでメリットを得ることができる。

ANNEは結婚まえ、ちいさなちいさな貿易商社(アパレル関連の)に勤めていたので、貿易関係は少し知っています。輸入先→輸送→商品到着→通関手続き→商品受け取り→卸売りOR直接販売 という流れぐらいですけどね。

世の中はグローバル化しているので、国内だけで仕事が終わることはますますないでしょう。物を買うにも売るにも世界を知らないと…

逆に地理を知っていれば、旅行代理店や先ほどの貿易商社、当然公務員、メーカー(大手自動車メーカーは海外との取引なしには仕事になりませんよね)、宅急便やさんだって、郵政公社だって、銀行などの金融機関だって地理は必要です。そしてホテルやレストランのサービスをする人だって、自分の会社が扱う商品の商品知識がなくては困ります。

そう考えると、社会科の知識、特に地理や経済などはみんなの将来に密着しているんだよね。
受験だからいやいや勉強!ではなく、一度将来どんな自分になりたいかなぁ、なんてイメージしてみたらどうかな? 将来像がはっきりしてきたら、受験のためじゃなくて、自分のために頑張ることになるでしょ?モティベーション(やる気、動機)がぜんぜん違ってくるよ。わーい(嬉しい顔)

では、28限はこれにて終わり。少し地理を勉強する必要性をわかってくれたかな?じゃ、またね。



===========================================



こちらもよろしく
「ANNEの中学英語征服計画」 http://www13.or.jp/e-soleil/
「ANNE的徒然英語勉強部屋」 http://anne-studyroom.seesaa.net/ 刑事コロンボシリーズフィーチャー

中 現在「別れのワイン」紹介中です。よろしく
タグ:地理
posted by ANNE at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。