2009年02月21日

ANNEの社会を読みとくキーワードじてん 今ふたたび郵政民営化を問う!



るんるん

ここのところの最大関心事は、なんといっても 小泉 × 麻生 でしょうかね??
やっちゃってくれますねぇ。麻生ちゃんも撃沈寸前?? 風前の灯?? 「郵政民営化には私は反対だったんだ」発言・・・
小泉内閣旗印みたいなこのテーマで、今になって根底から否定するような発言は、さすがに小泉元首相もぶっとび〜 でしたでしょうね。

今では、小泉さん、反撃に出る!!でしょうか? もうポスト麻生とか言っているし… 困ったものです。

さて、この郵政民営化。 結局なんだったのか?? 検証してみましょう♪  
といことで、今日の「ANNEの社会を読みとくキーワードじてん」は、郵政民営化



□■□■郵政民営化って結局なに?□■□■

2005年9月の総選挙での圧勝を受け、10月特別国会で成立しました。

内容:2003年 国営→公社に移行した郵便事業を2007年10月、郵便・貯金・簡易保険・ネットワーク会社の4社に分割民営化。さらに10年かけて株式を売却。完全民営化をはかる というプランです。

分割民営化策の争点
  • 経営の形態と自由度 全国一律サービスの維持(ユニバーサルサービス)

  • 政府保証 課税etc 他企業との同一競争条件の設定


    • つまり、民営化したときに、「Aの地域の郵便サービスは親切だけど、Bの地域の郵便サービスはサービス悪いなぁ」みたいなことにならないか? とか・・・

      今まで温室でぬくぬく育ってきた箱入りクンが、世間に出てきちんと自立できるか? 

      また、あまり過保護にすると、郵便ばっか ずる〜い!! と不公平感が出てくるといけないので、他の会社と公平にしなくちゃ・・・

      という感じのことが論議されたわけですね。



      □■□■何故 郵政民営化??□■□■



      郵政民営化の意義を参考にしています。

      小泉元首相が優勢民営化を推進したのは、行政改革のはじめの一歩としてだったようです。手(チョキ)
      役所の仕事を民間に開放しようというのがその狙いです。

      郵政民営化において、キモは2つです。

      ●1.「郵貯・簡保の金融事業」
      ●2・「郵便配達事業」

      民営化のターゲット=金融事業改革です。郵便配達事業はまた別のカテゴリーに属するものなので、ここでは1.郵貯・簡保の金融事業についてフォーカスします。

      郵政三事業が保有する金融資産≒日本の大手銀行:保険会社全部の金融資産のTOTAL (驚愕〜!!)
      さらに、国民の個人金融資産の25%を占めている!!

      金融事業=運用されることで利回りを生みます。
      最近本屋さんに行くと、株 投資、FXなどいろいろ資産関連の本が並んでいますが、あれもすべて運用に関する内容ですよね。

      Q:では郵貯・簡保で集められている350兆円の資金はどう運用されているんだろう??

      A:「財政投融資」というシステムで運用されているんですね。

      □■□■財政投融資って?? ふくろ□■□■

      財政投融資=旧大蔵省の資金運用部が郵貯や年金積立金の資金を集め運用するシステムです。

      で、運用先はといえば・・・特殊法人などに融資していたというわけです。
      ex.に本道路公団、○○開発機構、などなど 最近マスコミでよくきく官僚の天下り先だったりするんですね。

      何がいけないか・・・ろくな経営もせず、資金投入先として「どうなの〜?」と疑われるところばかりだったから らしい・・・
      融資に際し、審査もなく、資金運用部のさじ加減1つだった。 民間だったらありえないでしょう?? 

      財政投融資=第二の国家予算(悪い意味で…)呼ばれ、利権の温床だったんですね。

      優勢民営化は、ココの部分にメスを入れるものだった!! というわけです。

      □■□■財政投融資のデメリット もし民営化していなかったら・・・ □■□■

      郵貯・簡保は国の銀行みたいなものだから、一番安全!! そう思って預けている人多いですよね。おじいちゃん、おばあちゃんなんかはいままでせっせと働いて貯めたお金を預けているつもりですよね??

      それが、なんと・・・

      大事な大事な虎の子が、採算性のまったく取れない(つまり運用益がまったく得られない…;)特殊法人にざぶざぶ投入されてきちゃっていたんですね。
      しかも
      その財政投融資の資金のほとんどは不良債権化している・・・なんてぶっとびなウワサもあるらしいんですね。
      どうなるの〜?? 大事なお金〜??(さすがに批判の声が多くなったので・・・)

      財務省では、制度変更を行う。
      形上、資金運用部は廃止。特殊法人→ひつ追うな資金を金融市場から調達することに。(財投機関債)ま、国債や社債の特殊法人版ですよね。財政投融資からの資金流入を最小限に抑えるようにチェンジ。

      BUT BUTダッシュ(走り出すさま)

      業績悪化などのため、財投機関債を発行できないようなダメダメ特殊法人には、政府保証債(その借金を政府が保証するという債権?)の発行を認める。
      さらに財投機関債・政府保証債でも資金調達できない場合・・・政府が財投債を発行して調達した資金を融資する措置がとられる

      これは抜け穴ですわ〜。普通だったらつぶれるようなところにもお金を貸すってことですから。
      なんとも怖い話ですよね。われわれの虎の子はおろか、血税まで流れ込んでいそうな… だから天下りはなくならない! だっておいしいもん♪


      郵政民営化によって、このダークな資金の流れを見える化しようというのが狙いなんですね。
      郵政が民営化されれば→民間銀行と同じ立場ってことに。つまり郵貯・簡保が持っている資産350兆円が一般市場に流れる

      □■□■では、郵政民営化のメリットは?? □■□■

      郵政民営化によって

      ●国の借金漬け体質改善に・・・
      ●民営化された郵政事業の収益改善→国の歳入増加につながる

      ことが期待されるんですね。これがメリット♪

      ●国の借金漬け体質改善に・・・
      日本は借金体質。家計の支出に当たる歳出=国債を発行した借金でまかなわれている。その国債の財源の多く=財投国債!
      つまり・・・国民の郵便貯金から集められたお金=あずけた国民に断りなく国の借金に使われている!!ってことです。

      Oh, My God!なお話ですね。 ANNEも調べてびっくり! 
      小泉さん、結構強引だったけど、もし、民営化していなかったら・・・と思うとちょっと寒くなるかな? 
      それを今になって、「私は民営化には反対だった」って、いまさらそんなこといってどうする 麻生ちゃん!?

      民営化することで、打ち出の小槌的に使われていた郵貯・簡保資金を減らされる→自立的に財政を健全化する努力をする

      ●民営化された郵政事業の収益改善→国の歳入増加につながる
       
      現在の郵政公社=公社なので、民間と違い税金を納めなくてもいい!!
      民間だったら、売上、経常利益とも超メガ企業のはずなのに、税金を払っていない!

      民営化すれば、市場原理によって、業績がダウンすることがあっても、経営改善されサービスも向上するはず。
      政府の法人税金収入もアップする。
      民営化され、株式公開されれば、数十兆円の売却益をGet!→国債償還に当てられる(つまり借金返済資金ができるってこと)

      ●民営化された郵政事業の収益改善→国の歳入増加につながる

      □■□■これがざくっと郵政民営化です。 □■□■

      郵政ってこんなに問題をはらんでいたのですね。知りませんでした。って今さらな感じですが・・・

      特に郵政民営化することの意義=メリットは改めて納得。

      結局国の財政を立て直さなければ国民の税金負担が重くなる
      社会保障(年金や医療費、教育費)などのレベルが落ちる。国に面倒を見るだけの余裕がなくなっているから・・・

      だから、ダークなお金の流れにメスを入れる必要があったんですね。
      やはり、社会に関心を持っていないと、知らない間にわれわれの生活が脅かされてしまいますね。

      現に大阪府知事は、教育費を削減したとか・・・ 財政危機を乗り越えて、黒字にしたのは、素晴らしいけれど・・・
      やっぱり目を離してはいけないのかも・・・

      いかがでしたか?? 

      これからも、どしどしキーワードリクエストを募集します。
      皆さんのご意見・ご感想などもコメントお待ちしてま〜す♪♪

      「ANNEの社会を読みとくキーワードじてん」をいっしょに育てていきましょう 

      さらに郵政民営化を知るには・・・



      どこが問題!郵政民営化

      ANNEの中学社会征服計画ナビゲートストアで、上の書籍も紹介しています♪♪


      c著作権はANNEに帰属します



















2009年02月20日

ANNEの社会を読みとくキーワードじてん アヘン戦争 麻薬やめますか? 人生やめますか?



るんるん

こんばんは。中川さん辞任で、麻生<小泉 (?)というまたまた難局が・・・
中川さんも、いいかげんに考えなよ〜と思いますが、その期に乗じてふたたび小泉劇場再開でしょうか?? 
世の中の動きを見れば、お酒を飲んで醜態をさらしたの、風邪だったのとくだらない(?)言い争いをしている場合ではないのでは??と思ってしまいますが・・・ 政局は小説よりキテレツなり かな??

今日の「ANNEの社会を読みとくキーワードじてん」は、 アヘン戦争

最近、大麻所持で検挙された件数が目立って増えているとか・・・去年某タレントもこれで逮捕されていました。大学生もあちこちで逮捕されたとか。今日のニュースでは、2、30代の検挙数もふえているのだそうです。不況も影響しているのでしょうか??
大麻所持は立派な犯罪です。なぜ犯罪になるのか?? 今日は歴史をたどってみてみましょう。

ウィキペディアより引用

□■□■大麻取締法ってなに??□■□■

◆大麻を取り扱う者の免許、義務、大麻取扱者に対する監督、罰則など、が定められた法律です♪
◆大麻の輸出入・栽培・譲渡・譲受・所持を禁止しています♪

□■□■なぜ大麻を持っていたり、育てたりすると罪なの??□■□■

大麻草に含まれている樹脂など→麻薬と同じような害毒を持っている。
ゆえに(∴)
大麻を取り扱う者は、免許制とし、この免許を受けたもの以外の者は大麻を取り扱うことを禁止しているんです。

大麻取り扱い者は主に医師、薬剤師など 

大麻草を栽培しているのは主に農業従事者

取締りのカンペキを期すために栽培も禁止されている。(最近は農業従事者でなく、なんちゃってインテリアグリーンみたいなパターンも多いようですが…)
もちろん、免許のない人の栽培もキ・ン・シですよ!!


□■□■アヘン戦争へのシナリオ□■□■

舞台は中国 清王朝。イギリスは清から大量にお茶を輸入していました。 アフタヌーンティの国ですから・・・

清 18世紀半ば〜 貿易の出入り口=広州1港に限定 (出入り口を制限して不要なモノの流入を防ごうとした?? )

イギリス・・・対清輸出が伸びない →→→代金の銀が大量に清に流れる 
(払うばっかりでイギリスは売れないので利益をゲットできない・・・)

イギリスの企み=三国貿易 
 
 イギリス ====→ 清(中国)
  ↓            ↑
 綿織物\       /アヘン密輸出
  輸出 \     / 
       インド
  
★ポイント1. イギリス 表向き清に銀でお茶の代金を支払い
★ポイント2. インドの農民にアヘンを作らせて密輸出!!
 イギリスが清に支払った銀がインドに流れる!
★ポイント3. 植民地インドに綿織物を輸出 決済=銀 
(お金の流れはこんな風;イギリス→清→インド→イギリス)

って、結局イギリスは損しないじゃん!! 
今の国際社会では許されない悪巧みですねぇ。 

アヘンを流し込まれた(インドから密輸入されてしまった)清では、まさに「泣きっ面にハチ」状態です。

★泣きっ面=アヘンの代金として大量の銀が出て行ってしまった。つまりお金が無くなってしまうって事。
★ハチ  =アヘン戦争の原因 ツボです。 アヘンの害毒が広がる。ひそかにウィルスをまかれるような感じ?? 
ウィルスと違って伝染性は無いけれど・・・ 
アヘン=ケシから出来る麻薬。常用する→精神と進退をむしばまれ死にいたる(ひょぇ〜;)どっちもこぇ〜

実際、当時の清には、アヘン窟というのがあって、多くの人がアヘンを吸い、体と心を病み廃人となって… という光景がよく見られたとか・・・ 
(ANNEの高校時代の世界史の先生が熱く語っていました… (^v^)

□■□■いざ、アヘン戦争開戦!!□■□■

1.清の役人・・・イギリス商人のアヘンを没収して焼き捨てる
2.イギリス・・・貿易の保護を理由に1840年 清に戦争を仕掛ける(=アヘン戦争)
3.近代的な兵力をもつイギリスわーい(嬉しい顔)>清もうやだ〜(悲しい顔)
  強力な艦隊を送り広州・上海を占領 南京に迫って清を降伏させる 
圧倒的に強かったイギリスは、赤子の手をひねるがごとく楽勝ですね♪♪


□■□■南京条約締結 まんまと・・・1842年□■□■ (そのころ日本では天保の改革 今でいう行革です♪1841年)

イギリスの思惑通り、力でねじ伏せ〜手(チョキ)

★★イギリスの戦利品★★

アヘン戦争の講和条約として・・・
1.広州・上海 など 5港開港 (ほかには厦門 福州 寧波 覚えなくてOK!)
2.イギリスに香港を譲る (1997年7月 中国に返還される)
3.多額の賠償金

さらに・・・(追い討ちをかけるように)
1843年 領事裁判権を認める + 関税自主権のない不平等条約を結ぶ(=結ばされる)

これを不平等条約といわずして・・・という超不平等条約っす。

▼領事裁判権=清で罪をおかした外国人を清の法律で裁けない(≒治外法権ともいうよ)
たとえば、Aという国で、Bという外国人が強盗殺人をしたとして、Bの国が領事裁判権を持っているので、Aという国の法律で罰するこ

とが出来ないってこと。Aの国の被害者は、泣き寝入り・・・ふらふら 

▼関税自主権がない=輸入品にかける関税率を自分で決められない
たとえば、Aという国でもタオルを作っているけど、Bという国でさらに安いタオルを作って日本に輸出するとする。Aは自国のタオルが高いからと売れなくなると困るので、Aのタオルを保護するようにBのタオルに関税(輸入品にかける税金)をかけます。

関税自主権がない・・・と相手の言うなりでBの国のタオルは安いから売れる↦A本国のタオルは売れない となっちゃいますたらーっ(汗)

□■□■清朝滅亡へのカウントダウン・・・爆弾□■□■

イギリスに負けた清=欧米諸国による侵略進む。ほぼ植民地? 状態

開国(=5港開港したよね♪)のため綿製品が大量に清に流れる→綿製品の生産をサイドビジネスにしていた清の農民圧迫
多額の賠償金支払のため、重税が課せられる!!

(清朝市民の不満が・・・)


□■□■ニュー・リーダー誕生 But…□■□■
1851年 洪秀全が農民を率いて決起! 太平天国を樹立(首都=南京) (太平天国の乱

1864年 太平天国滅亡 ←==清志願兵+外人部隊の攻撃 内部分裂

欧米やますます清への侵略を進める
 
やがて辛亥革命へと・・・

このあたりから、世界は近代化に向かってどんどん進み、世界史は面白くなってくるんですね。
ま、血なまぐさいですけどね・・・


このように、アヘンなど麻薬は人の一生どころか、国1つ滅ぼしてしまうぐらいのバケモノです!!
くれぐれも、安易に手を染めないでね!!知らずに手を染めてしまうってこともあるみたいです。
自分の人生を守るためにも セルフコントロール&危機意識を持とう!!

大麻 やめますか?? 人生やめますか?? って感じですかね?


これからも、どしどしキーワードリクエストを募集します。
皆さんのご意見・ご感想などもコメントお待ちしてま〜す♪♪

「ANNEの社会を読みとくキーワードじてん」をいっしょに育てていきましょう 

本日参考にしたのは、こちら♪

icon
icon


本

社会はを生きるための勉強。今を知ろうexclamation

c著作権はANNEに帰属します









2009年02月18日

ANNEの中学社会征服計画 リニューアルメルマガ 本日夜9時・・・創刊♪♪

こんばんは。皆さんわーい(嬉しい顔)

昨日朝刊 夕刊 今朝の朝刊・・・と中川財務相の進退劇はどんでん返しにつぐどんでん返しでしたねがく〜(落胆した顔)

ちょっとお粗末クンではないか・・・??と思うのはANNEだけではないかもしれませんね。

さて、お知らせです。

本日夜9時、 ANNEの中学社会征服計画メルマガがリニューアルして登場いたします黒ハート黒ハート

ずっと待っていていただきました読者の皆様、お待たせいたしました。
そして、長らくお待たせして本当にごめんなさい・・・もうやだ〜(悲しい顔)

ANNEは少々メンタルに参っていたのですが、すこし上向きになってきました。そこで、読者の皆さんに喜んでいただくべく・・・

レシピの復刻版ではないですが、リニューアルを記念して新シリーズが始まります。


2009年、新シリーズは「歴史のHEROES」です。「HEROES」で反応した方、ごめんなさいたらーっ(汗)

あのHEROES / ヒーローズ
ではありません。

なーんだ、とがっかりされた方、いると思いますが、新シリーズでは歴史上の偉大な または悪名だかきHEROESがたくさん登場します。

歴史をちがう側面から切り取ってみてみるのもおもしろいかな??と思ってスタートしました。

乞うご期待黒ハート

では、皆さんとメルマガでお会いできるのを楽しみにしていまするんるん

ANNEの中学社会征服計画メルマガのご登録はこちらバッド(下向き矢印)

メルマガ登録・解除


 


posted by ANNE at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ANNEの社会を読みとくキーワードじてん ざ・裁判



るんるん

こんばんは。今日11時からニュースを見ていたら、TBSで「23の瞳」という特集をやっていました。
「え? 【24の瞳】じゃないの?」 と思ったあなた、よく知っていますね。けれども、今日の【23の瞳】はTBSの特集です。
内容は、今年の5月21日からスタートする「陪審員制度」について。今日は「死刑についてしっていますか??」というテーマでした。


今日の「ANNEの社会を読みとくキーワードじてん」は、 ざ・ 裁判 


「首相官邸キッズルーム みみずく博士のウェッブ・マガジン 裁判員制度とは」


現代用語の基礎知識 

参照

□■□■裁判って結局なにをするの??□■□■

まずは、ここから。裁判というのは、大きく2種類あって、
1.民事裁判・・・個人や企業間の利害関係のトラブルに関する裁判 
2.刑事裁判・・・犯罪の被告人を裁く裁判 刑法などを適用し、有罪/無罪の判決を下す
と分かれています。

1.民事裁判でよく聞くのが、公害訴訟とか、薬害エイズ訴訟、これは原告(訴える側)が国や企業に対して裁判を起こしたりします。
TVの「行列のできる法律相談所」ででてくるトラブルなどは民事裁判の対象となることが多いですね♪
2.刑事裁判は、刑事ドラマ、サスペンスものでおなじみの、犯人を逮捕したあと、裁判にかけて、検事VS弁護士が法廷で論戦を広げ、「禁固○○年 執行猶予○年」みたいな判決が下るアレです。

□■□■じゃあ、裁判員制度って??□■□■

2004年5月28日に公布された裁判員法(正式名称 裁判員の参加する刑事裁判に関する法律)に基づき、任意に選ばれた国民が刑事事件の裁判に参加する制度なんですね。

□■□■なんで国民が参加しなければいけないの?□■□■

裁判員制度を採用することで、法律の専門家ではない一般市民の感覚が裁判に反映されるから。国民の司法に対する理解と信頼を深めることができるから・・・ だそうです。 

また、裁判の手続きや裁判で使われる言葉がよりわかりやすくなる、裁判がよりスピーディーになることも期待されている… らしい
みみずく博士のウェッブ・マガジンより

う〜ん。勝手にくじびきみたいに選ばれて、何日も仕事を休まなければいけないんでしょ?? それに法律も知らないし、有罪/無罪を決めるなんてできるの?? 

て思いますよね。

でも、日本で一番難しい試験の1つ 司法試験に受かった人がいままで行ってきた裁判を、一般の人が簡単に理解できるとは思えないけど??

陪審員制度のベースは、外国で行われている陪審制度(アメリカなど)参審制度(ドイツ)などがあります。
陪審制度→有罪・無罪の判断に裁判官が加わらず、陪審員のみで有罪・無罪を判断・決定するようです。
参審制度→参審員が裁判官と1つの合議体(ま、委員会みたいなもの??)をつくり裁判を行うようです。

日本でこれからスタートする裁判員制度→裁判員は裁判官とともに有罪・無罪や刑の決定に関与する!!そうです。
(えらいこっちゃ〜;)

□■□■どんな裁判に参加するの?□■□■
 
地方裁判所で扱う刑事裁判のうち、特に重大な事件の裁判に参加しま〜す♪♪

たとえば・・・殺人、放火、身代金目的の誘拐、飲酒運転などによる悪質な死亡事故など・・・だって ふらふら
最近おかしな事件多いしね・・・ 

たとえば、重大犯罪の事件の裁判で、法の専門家たちによる判決が軽い刑だったりすると、「ちょっとゆるすぎない??」みたいな感覚を持ったりしますよね? 国民の一般感情を組み入れることで、国民の多くが納得できる判決をおこなうため・・・に作られた制度ってこと

ですかね??

But・・・ 裁判員や家族・親戚などが被害を受ける恐れのある事件→裁判員だけで裁判を行うことができる。
And・・・裁判員が参加するのは第一審だけ!! 控訴審(その判決に不満がある場合、納得いかね〜ともっと上級の裁判所に裁判をしてもらうシステムです♪ 第一審(不満)→控訴(さらに不満)→上告)以降は裁判官だけで裁判。


□■□■法律の素人だけど〜□■□■

一般の国民の感覚を取り入れる目的もあるので、専門的知識がないことが前提。必要な知識は十分にレクチャーされるとか・・・


□■□■あんまり長引くと仕事に差し障るし・・・□■□■ 

手続きに時間がかかるので長引く?? と心配しますよね。
でも
裁判員制度→一般人が参加・・・→裁判をできるだけ連日行い準備を十分行うので、むしろ裁判をわかりやすく、スピーディーにできる

とかんがえられている・・・そうです。

ほんとかなぁ〜〜

ANNEは、結構この陪審員制度については懐疑的なんですね。 
一般人が裁判に参加して、有罪・無罪をそんなに簡単に決められるのか? とか、自分の判断によって被告人が死刑になったら・・・とか
(罪をおかしたから死刑いなっても当然・・・という感覚はANNEにはないので。)
あと、裁判員になった場合、守秘義務を守れるか??とか安全は確保されるのか??とか… 

みなさんはどう思いますか? いつかあなたが裁判員になるかもしれない・・・ そのときあなたは??
考えてみる という観点では、いいキッカケなのかもしれないですね。
ではまた♪


これからも、どしどしキーワードリクエストを募集します。
皆さんのご意見・ご感想などもコメントお待ちしてま〜す♪♪

「ANNEの社会を読みとくキーワードじてん」をいっしょに育てていきましょう 

本日参考にしたのは、こちら♪
ニューコース 中学公民
p114〜115です 

現代用語の基礎知識 時事問題対策に一家に一冊 あると便利かも…ANNEの知恵袋で〜す ♪本

社会はを生きるための勉強。今を知ろうexclamation

c著作権はANNEに帰属します









ラベル:裁判員制度

2009年02月12日

ANNEの社会を読みとくキーワードじてん 北朝鮮問題 拉致



るんるん

こんばんは。 今日の中日新聞1面TOPは、北朝鮮関連の記事が大きく載っていました。学生のみなさんは、大韓航空機爆破事件のことはご存じないですよね。 きょうの記事は、その大韓航空機爆破事件の実行犯とされる北朝鮮の金賢姫(キムヒョンヒ)元工作員と、北朝鮮拉致被害者の田口八重子さんの家族の面会が近く実現の見通し との内容でした。

この、北朝鮮の金賢姫(キムヒョンヒ)元工作員は、現在韓国でひっそりと暮らしています。だから面会が実現する可能性があるのですが、知らぬ存ぜぬを通したい北朝鮮にとっては大変不都合な存在なのですね。彼女は。

だから今まで、韓国側は、この外交カードを切るのを避けてきました。北朝鮮を刺激したくないということですよね。けれども、ここにきて、対北朝鮮外交路線をすこしかえるのかもしれませんね。
なんにしても、拉致問題が一日もはやく解決するといいですね。


といことで、今日の「ANNEの社会を読みとくキーワードじてん」は、北朝鮮問題 拉致



□■□■北朝鮮ってどんな国??□■□■

正式名称は、北朝鮮民主主義人民共和国。Democratic People's Republic of Korea
主要言語=朝鮮語。
面積=12万1000㎢ 人口=約2260万人

□■□■拉致問題って何? □■□■

政府 拉致問題対策本部 北朝鮮による日本人拉致問題より引用

1970年代〜1980年代、多くの日本人が行方不明に。日本当局による捜査、亡命北朝鮮工作員などの証言から北朝鮮による拉致の疑い。
平成3年以来政府は北朝鮮に対し、拉致問題を提起。

北朝鮮側は強固に否定し続け、平成14年9月日朝首脳会談において初めて拉致を認めるに至る。

 
平成9年「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(家族会)」結成等、被害者の救出を求める運動が活発に。

□■□■何故拉致が起こったの?? □■□■

本当に、驚きますよね。国による誘拐事件ですよ(--;)
何故こんな国家による犯罪行為が起こったのでしょうか?

工作員(ま、いわばスパイですね (^^;))を日本人に仕立てるための教育係としての利用&北朝鮮にかくまわれている「よど号」グループ(よど号ハイジャック犯グループ)による人材獲得 といった目的があったようですね。
これまでに17名を北朝鮮当局による拉致被害者として認定。 他にも拉致の可能性のある事件について調べを進めているとのこと。

これが、北朝鮮による拉致問題です。スパイを日本人に仕立ててどうするつもりだったのか・・・考えれば考えるほど不気味ですが、その道具として無理やり連れて行かれた人達、彼らは本当に犠牲者ですよね。
また、ある意味先ほどの金賢姫(キムヒョンヒ)元工作員も北朝鮮のエリート家系の出(で)で、スパイ教育を受け、国家的犯罪を犯すように仕組まれた道具・・・ですよね。
教育も1歩間違うと怖いことになります・・・(悪寒;)
彼女も加害者であるけれども、国家の陰謀の被害者とも言えるのですよね。 

その元スパイと拉致されて北朝鮮でその元スパイの日本人化教育をおこなった田口さんの家族との面会が今回かなうかも…という流れになっているわけです。

北朝鮮は、他にも核保有問題、食料問題、脱北などいろいろな問題を抱えています。できれば協調外交がいいんですが・・・北朝鮮の一般の人達のためにも… それはまた別の機会に♪ 

もしかすると、この面会は今後のアジア・北朝鮮外交をchangeする鍵になるかもしれませんね。

政治や外交って関心を持たなければ、どうってことはないただの情報ですが、そこから何を読み取るかで、世界への見方が変わると思います。皆さんには、これからの日本を担う一員として、是非「それってどんな意味があるんだろう??」と考えるようになってもらえたら嬉しいですね。


これからも、どしどしキーワードリクエストを募集します。
皆さんのご意見・ご感想などもコメントお待ちしてま〜す♪♪

「ANNEの社会を読みとくキーワードじてん」をいっしょに育てていきましょう 

本日参考にしたのは、こちら♪

現代用語の基礎知識 付録「世界の国と人びと 学習帳」 ♪63716;

★中日新聞2月12日朝刊 一面記事より

社会はを生きるための勉強。今を知ろうexclamation

c著作権はANNEに帰属します









×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。