2013年04月27日

ANNEの社会を読み解くキーワードじてん 「憲法96条改正」



るんるん

今日は、GW初日ですが、朝何気な〜くテレビを見ていたら(というか聞いていたら…耳)NHKの「週刊ニュース深読み」で憲法改正の話題を取り上げていました。

ANNEは「こーしてはおられんむかっ(怒り)」と立ち上がり今この「社会を読み解くキーワードじてん」を書いているところです。

というわけで、今日のキーワードは「憲法96条改正(けんぽう96じょう かいせい)」。

さて、憲法96条ってなんだっけ? の前に、そもそも憲法ってなんだっけ?? 
なんて思っていませんか?


□■□■戦後の指針? 日本国憲法□■□■
今の憲法は正式名称「日本国憲法」です。第二次世界大戦敗戦後、作られたものです。
ではその前は、どうだったかと言えば、明治時代に作られた「大日本帝国憲法(だいにっぽんていこくけんぽう)」が存在しました。

その最大の違いは「主権在民(しゅけんざいみん)」つまり、国の主権は国民にあるということ。

明治憲法(=大日本帝国憲法)のもとでは天皇が神聖不可侵とする絶対君主制民主主義にかわったということです。

では、憲法96条って? 

□■□■ 憲法96条 □■□■
すご〜くざっくりと一言でいってしまえば、憲法の内容を改正するための手続についての条文です。

この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。

これは、憲法が国家権力が暴走しないように、国民の基本的人権やその他の権利を守るために国の権力をコントロールというか制限するために存在していることを定めています。

なぜならば、国家は本来国民のために存在するべきですが、歴史上 その本来のありかたを逸脱して暴走してきた例は数限りないからです。

そして、 ご存じ第二次世界大戦では、国が、というか当時の軍部が暴走して、国民に正しい情報を与えず、最終的に2回もの原爆投下を招いて敗戦に至ったことは歴史で習いましたよね。

つまり当時の軍部が暴走し、天皇をまつりあげて戦争=正しいと日本国民を洗脳したってことです。


□■□■憲法96条改正 どんな意味があるの?□■□■
ところで、今回の改正のポイントは 
各議員の2/3以上の賛成1/2
というところです。

さて、算数の問題です。

2/31/2とどちらが多いでしょう

答え: 当然2/3ですよね 2/3≒0.666 1/2≒0.5 ですから・・・

では、現政権の子の動き、今回の改正論議の裏にはどんな意図があるのでしょう

賛成する数が少なくなれば、たとえば憲法を改正したいと思った時 ハードルが下がりますよね

つまり、いざという時は憲法を改正しやすくするために 
改正要件をゆるくしたいということです


□■□■じゃあ 憲法96条を改正したらどんなリスクが?□■□■

でも、もしいざという時憲法改正するための縛りがゆるくなったら・・・

たとえば、憲法改正して 
平和憲法 憲法第9条を改正し、必要な時は戦争ができるようにする

とか言われたらどうします?がく〜(落胆した顔) 

さらに、近隣で怪しい動きをする国もあるので、いざという時は戦争をするから
戦時中みたいに徴兵しますよ とか言われたらどうします?がく〜(落胆した顔)

じょ〜だんじゃないですよねパンチ

国家権力が暴走すると、国民のことなんて考えなくなるんです
だから歴史を学ぶことって意外と大事なんですが・・・

テレビで街の声を流していましたが・・・

「憲法って普段の生活に全然かんけいないですよね〜 
だから改正をどう思うかと言われても・・・」

とか

「上の方の人たちが勝手にやっているから、関係ないですよね〜」

なんてコメントばかり・・・。

おひとりは赤ちゃん連れのママ、おひとりはすこしご年配の方。
では、聞きますがカラオケ
「憲法を改正した場合、ひょっとするとあなたのかわいい赤ちゃんを戦争に駆り出すことになるかもしれませんが、よろしく〜」
「もうすぐ、〇〇という国と戦争が始まるのでお孫さんを戦争にお借りしま〜す」

とか言われたら、関係ないですか〜?ちっ(怒った顔)

憲法の縛りがなくなったら、普段の生活に影響を及ぼすこともないとも言えない

ということを考えないといけないんじゃないかな? と思います。

国民が政治や社会に無関心だと、ヘタすると国家権力の思うツボ というか
国民なんか知るか 的な動きにならないとも限りません・・・怖いことですががく〜(落胆した顔)

アベノミクスで景気がようやく上向き加減ですが、だからといって、それに乗じて憲法の縛りをゆるめようなんていう意図は容認できませんよね

しかも、ホンネでは憲法改正できるように 憲法改正についての憲法を変えようなんて
それはちょっと・・・ 都合よすぎませんか 
結果出してるし いいよね〜手(チョキ) って感じですか? 

そもそも景気対策も国の財政再建も、そもそも平和で人命が脅かされない世の中が前提で成り立つものですよね。もし、どこかの国で戦争だから応援に来いって言われたら行かなくちゃいけない憲法になったらどうするのでしょう? 経済政策どころじゃないし、そもそも借金がめちゃめちゃ多い日本のどこから軍事費を出すというのでしょう? 

さらに・・・ 憲法改正のための縛りをゆるくしたら、
「ごちゃごちゃ言うんだったら選挙で選んでもらわなくてもいいから。 勝手に適当な人材をこっちで探すし…」みたいなことになって、ますます民意は反映されなくなってしまうかもしれない。情報統制とかしちゃって都合の悪いことは流れなくなって、何が正しい情報かわからなくなってしまうかもしれない。
(ま、FacebookとかLineとか普及した今では、完全に情報遮断はムリと思うけれど…)

油断していると、外堀を埋めてなし崩し的に認めさせる・・・みたいなことに

ちなみに外堀を埋めるという表現は大阪冬の陣のあと、外堀を埋めさせたために豊臣家滅亡を招いたことがその由来かも・・・(笑)

議論はいろいろあるでしょうが、国を揺るがすかもしれない憲法改正のハードルは高いまま維持するべきではないかと思います。 そのままだって2/3以上の賛成で改正か否かの論議はできるわけですから・・・

姑息な戦略で、実はそうと知らせず都合よく憲法改正への布石を打とうとするその手腕はちょっと
「あんたやるね〜」と言いたいところですが、平和な世の中を切望するANNEとしては
もろ手を挙げて賛成〜なんて言えません。

中学社会征服計画をお読みいただいている読者のあなたにお願いです。

ものごとのウラまで読みとってどんな意味があるのか? だれが得をする話なのか じっくり考えてみてください。

というわけで、ANNEの社会を読みとくキーワードじてん いかがでしたか?

それではまた。

これからも、どしどしキーワードリクエストを募集します。
皆さんのご意見・ご感想などもコメントお待ちしてま〜す♪♪

「ANNEの社会を読みとくキーワードじてん」をいっしょに育てていきましょう 


□■□■すみませ〜あせあせ(飛び散る汗)ん お知らせです□■□■

実は長らくお休みをしていた「ANNEの中学社会征服計画」メルマガ 復刊します黒ハート

リニューアル版 日本史のHEROES Vol.1 江戸260年あまりの平和の礎を築いた二代目 徳川秀忠
5/1 復刊します。 読者登録お願いします♪ 
ANNEの中学社会征服計画メルマガ 登録/解除
c著作権はANNEに帰属します













×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。