2009年08月17日

ANNEの社会をよみとくキーワードじてん 独立行政法人



るんるん

久しぶりの投稿です♪ わたくし事で、ご無沙汰しちゃいました。 気がつくと、もう夏も後半、世の中は

自民党 VS 民主党

をはじめとする各政党が、選挙に向けて動いていますね。
先日、テレビで、「選挙権を子供にも与えるべきか」と子供たちが討論していましたが、
選挙権のあるなしにかかわらず、

自分だったら、どの政党、どの候補者に投票するか?? 
それはなぜなのか??

考えることは意義のあることじゃないかなぁ?? 
とANNEは思います。
みんなの日本ですからね。 国の行く末をしっかり考えないと・・・

独立行政法人ってなんだろう??
よく聴くけれど、いまいちその実体がわからないこのキーワードにメスを入れてみましょう♪♪

□■□■独立行政法人ってな〜に?□■□■

独立行政法人とは

各府省の行政活動から、政策の実施部門のうち、一定の事務・事業を分離。これを担当する期間に独立の法人格を与えて、
業務の質の向上・活性化・効率アップ、自律的な運営・透明性の向上を図ることを目的とする制度


□■□■だれが、独立行政法人をつくるの??□■□■

総務省行政管理局が、独立行政法人を作ったり、廃止したりの管理を行っています♪
つまり、会社でいえば、総務部みたいな部署ですね。 

新しいプロジェクトを立ち上げるのに、Aという部署を作る。
Aという部門が動くのに必要な制度やシステムを作ったり、動向にあわせて改正、変更したりする。
採算がとれなくなってきたので、その部門を閉鎖する。

そんなイメージですかね??

□■□■独立行政法人の定義?□■□■


「独立行政法人とは、国民生活および社会経済の安定等の公共上の見地から確実に実施されることが必要な事務及び事業であって

、国が自ら主体となって直接に実施する必要のないもののうち、民間の主体にゆだねた場合には必ずしも実施されないおそれがあ

るもの又は一の主体に独占して行わせることが必要であるものを効率的かつ効果的に行わせることを目的として、この法律及び個

別法のさだめるところにより設立される法人をいう」

独立行政法人通則法(平成11年法律103号)第2条より

だそうです。

つまり、公共の利益のために確実に実施されることが必要な事務・事業だけど、国が直接実施する必要のないもの。

民間に委託した場合は、必ずしも実施されないおそれのあるもの??
一つの団体なり組織なりに独占して行わせる必要のあるもの??

を効率的、かつ効果的に行わせるための法人 なんだそうです。

なぜ、民間に委託すると、実施されないおそれがあるのかなぁ?? なんて素朴な疑問がわくのですが・・・・


□■□■独立行政法人って、みんな公務員?□■□■

独立行政法人のうち、

職員が国家公務員=公務員型のもの・・・特定独立行政法人
職員が非公務員型        ・・・特定独立行政法人以外の独立行政法人 


□■□■どこが問題なの?? 独立行政法人□■□■

http://www.tohokudai-kumiai.org/sp98-1/dg_tukuba.html を参照。

問題その1

財政のムダ遣い、「政・官・材」の癒着、天下りの受け皿?? 

問題その2

独立行政法人が行う仕事は、結局政府の政策の枠内。 独立してないじゃん?? 
独立していないので、結局政府のいうなり?? になりがちでは?
政府に都合の悪いデータなどを公表させない、研究などをさせない なんてことに?

なんか、難しいですねぇ。 
政権交代 とかいわれていますが、余剰人員とか、無駄な機関を廃止することで財源を確保するという○○党
さんは、あぶれた人や機関の救済策ってどうするんだろう?? 

などとANNEは完全人ごとを心配しちゃってます。

はたして、8月終わりの総選挙どうなるのでしょうね??


いかがでしたか?? 

これからも、どしどしキーワードリクエストを募集します。
皆さんのご意見・ご感想などもコメントお待ちしてま〜す♪♪

「ANNEの社会を読みとくキーワードじてん」をいっしょに育てていきましょう 

本日参考にしたのは、こちら♪



c著作権はANNEに帰属します

















ラベル:独立行政法人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。