2007年01月21日

一限目 社会科も5W2Hだ!

社会科も5W2Hだ!

社会科=暗記、面倒、つまらない
と思っている皆さん

社会科=暗記すればよい、勉強したら必ず結果が出る科目、ポイントを稼げる科目

と社会科を再認識しましょう。

ANNEは理系はイマイチ苦手でした。それこそ意味不明ふらふらな内容をわけわかんない先生が説明するので、ますます理解不能もうやだ〜(悲しい顔)!!

でも、社会科は、たとえ先生に恵まれなくても、教科書を読んで理解することができる!これはラッキーexclamation

さて、社会の教科書は文章でつらつら書き連ねてありますよね。ANNEにも経験がありますが、テスト前あのテキストを読んでいるといつの間にか眠りに落ちてしまうんですねぇ。だって、退屈なんだもん… (出版社の人達、教科書作りに携わる人、ごめんなさい。ご苦労はよくわかっています)

そこで、

教科書の内容を効率よく、覚えやすくするためにカスタマイズしちゃいましょう!!!

ここ、重要です!

では、どうやってカスタマイズするか?

ずばり、5W2H大作戦です。
「なにそれふらふらexclamation&question

5W=5つのW(who誰が, what(何を),when(いつ),where(どこで), why(何故))
2H=(how(どのように)、How much(どのように))

つまり、歴史なら歴史の項目をすべて5W2Hの形にまとめちゃえばいいんです。

例えば「鎌倉幕府設立」ならば、
who=源頼朝(武士の総大将 征夷大将軍)
what=鎌倉幕府を作る 
when=1192(いいくにつくろう)〜1333 約140年間
where=鎌倉
why=
posted by ANNE at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31812263

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。