2007年01月29日

5限 参考書、問題集は薄めを狙え!


皆さん、がんばってるかな??この授業から、いよいよ社会科攻略法を伝授しちゃうよ。
Are you ready? 


☆★☆ANNEの鉄則☆★☆ 一見、一冊買うなら、いろいろ情報満載なもののほうがオトクに思えるけれど、はっきり申し上げよう。三日坊主になることが見えている! 最初の10ページこなすのに、10日かかる問題集1日で終わる問題集、どちらがラクでしょうexclamation&question

答えは、1日で終わる問題集ですね。
とっかかりで息切れすると、テンション激ダウンバッド(下向き矢印)すること間違いなし→いや気がさしてそのテキストを開かなくなる→せっかく分厚い分高価なのに、本棚の隅でホコリをかぶってテキストが泣く、という図式が見えてしまいます。がく〜(落胆した顔)

だったら、欲張らずに薄めを3回目を通すほうがずっとお得、じゃありません? お金の問題じゃなく精神的に終わりが見えればやる気もあーっぷ右斜め上

しかも、薄いテキストは、薄いだけに「これだけは!」というはずせない項目をミニマム(最小限)の詳しさで解説しているので、超効率よく最小限の努力で覚えられる! これはぜーったいラクです。わーい(嬉しい顔)

ANNEの哲学は「ムリをしない」ということ。○○年生きてきてムリをしすぎるとロクなことがないことがわかってきたので、無理をしない努力をオススメするのです。

高校入試の社会は少なくとも、歴史・地理・公民の3分野あるのだから、1分野ずつが速くクリアできたほうが精神安定上よいに違いない。あ、だからといって、薄いテキスト3分野分買ってきて一度にやろうとしないように!

なんにせよ欲張ると挫折するモトです。

次回は、その薄いテキストの使いこなし術をご紹介。お楽しみに。(楽しかぁないか?)
起立 礼 チャイム♪


このテキストはウチの中学生の息子のために買いましたが、薄さ加減がgoo!


ラベル:歴史
posted by ANNE at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。