2007年02月22日

12限 入試はいわばゲームのボス戦だ♪

中学や高校の入試を控えたみんなは、きっとゲーム世代だよね。
ANNEの子供もごたぶんにもれず、ゲーム大好きのようです。
時々、ゲームばかりやっていると、ゲーム脳といって、若年性認知症のようにスカスカ頭になるよ!と脅しをかけているけれど、あまり効果はないようで…

ま、時代だから仕方ないのですが、セルフ・コントロールは必要かな。日がな1日ゲームだけやっているのは健康のためにもよくはないので、自分でルールを決めよう
一時間ゲームやるなら、1時間勉強する!とかね。うまく勉強の合間にゲームを組み込めば、リフレッシュにはなるので、どうせならげームもうまく使おう!

て、別にゲームの話をしたいわけではありません。
みんなRPGという言葉はわかるよね。Roll Playing Gameのことだよね。RPG だとストーリー仕立てになっていて、いろいろな戦いをして、経験値をあげて、ボス戦と呼ばれる最終戦に勝つとゲームクリアとなるわけですね。ひらめき

ボス戦に勝つためには、何をしますか?まず、小さい戦いからスタートして、クリアしていくよね。そして、いろいろ情報を集める。RPGで敵とされている相手の属性攻撃方法、ウィークポイント、武器、敵方には、どんなパーティがいるのか…などなど。

そして、戦略を考える。ボスを倒すために、武器をそろえる、ストーリー上に設定されている戦いに勝つ、メンバーをそろえる、相手の攻撃に備えて、装備を強化する。

そうしておいて、ボス戦に挑むよね。ストーリー展開上そう進むようにできているということもあるけれど、「どうすれば勝てるか?」「相手はどう出るか?」を考えて相手の動きを読みながら、攻め・守りを考えないと勝てないよね。
勝てないと、ゲームオーバー。バッド(下向き矢印)リセットはできるけど、もう一度最初からスタートだったり、セーブしたところまで戻らないといけなかったりするよね。

それって… なんだか勉強に似てない? まず練習問題からスタートして、経験値を上げて、どんどん強い敵を倒しながら、実力をアップさせる。そしてボス戦に当たる入試で勝つ! ね? ゲームと勉強とは違うというかもしれないけど、ゲームの中でだっていろいろ考えて勉強してるんだよ。

だったら、実際の勉強に置き換えて、経験値を上げて、敵を倒しながら入試に勝ってげームクリア、てな具合にゲーム感覚で勉強したらどうだろう?



  • @1単元=ゲームのセーブポイント

  • A問題集の練習問題=トレーニング
    定期テスト、または模擬テスト=各シーンでの戦い

  • B歴史・地理・公民の基礎知識(入試にひつような情報)=装備
    定期テスト、模試などの成績=経験値、またはパラメータ 経験値を上げないと次のステージにいけない

  • C入試問題取り組み=ボス戦のための情報収集、敵の情報、攻撃タイプ研究、パーティのメンバーチェック

  • D入試=ボス戦

  • E合格=ゲームクリア


もっとレベルアップしたゲーム(高校生活へ)

定期テストや模試などの成績で、今のステージでの自分の実力をチェックして、次のステージにいくには、

経験値(勉強時間、内容、実力)をどのレベルまで上げるかという傾向と対策をすることが大事だよね。

つまり、いきなり大きな戦いではなくて、モバQことで、結果的に大きな戦いに勝つだけの実力を養成するということ。

みんなは、今ゲームのスタート段階にいます。ここから1年後のボス戦まで一緒にクリアしていきましょう

。まずはパーティのメンバーをそろえるところから。

ゲームのパーティは普通5人だったりするけれど、中学社会の征服計画というゲームでは、パーティは3人
そう、地理・歴史・公民です。
ゲームでは、どのパーティも経験値と魔法力などをあげて、強くしないといけないよね。そのための練習バトルなんかも設定されている。まだ始まったばかりだから、レストランの日替わりランチのように、今日は地理、今日は歴史、今日は公民(これは3年になってからだけど)とバラエティをもたせてみよう

あ、それから大事なことを一つ。ゲームでは、あるレベルまで行くまでは、次のステージには進めないよね。それと一緒で、はじめからぶっ飛ばさないことが大事。まずレベル1ですすめるところまで、地理・歴史・公民をそれぞれ進めておこう。

つまり、問題集の練習問題(基礎編)を1日1セーブポイントまでこなそう。
レベル2のゲームの進め方は13限の授業で。 

本日の授業はここまで。起立。礼。チャイム♪
posted by ANNE at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。