2007年03月12日

14限 他流試合をしよう♪


もう、中学の卒業式も終わり、春休みも目前ですね。今年は春がはやいので、花粉に悩まされている人もいるかな?

ま、春は気持ちも浮き立つ季節。今年度受験生だった人は、もう入試は終わったかな? 受験の全ての日程をこなした人、お疲れ様でした。あと一いきの人、最後まで全力でぶつかっていこう!

受験は、君の人生にとって決して楽な試練ではないと思うけれど、クリアすべきステージの一つではあるので、1年間高校入学という目標を持って、勉強するというのは無駄にはならないよ。結果も大事だけれどプロセスも大事だし、その努力のプロセスは今後にきっと生きてくるはずだから。

もし、自分の満足いく結果でなかった場合でも、その結果が全てではないから、きっと巻き返しはできる!


ところで、ここで皆に質問。体育会系の部活をやっている場合、自分の所属するチームのレベルと相手のレベルとの間にものすごい差があったとしたら、勝負は目に見えているよね。相手チームがものすごい強い場合、そのチームに勝とうと思ったら、どうする?

自分のチームのレベルを相手チームと互角に戦えるまでアップさせる必要があるよね?
それには、どうすればいいと思う? 

まず自分のレベルを知ること。これが前提条件。
自分のレベルを正確に知って、武器になる部分と弱点を把握する。

例えば、野球部だったとして、キャッチボールとノックと走りこみ、ストレッチといった練習メニューだけでは、実践で戦えないよね。守りと攻め、どちらも何度も経験して、どんな時でも一定のレベルを保てる実力を養わなければ、最終戦まで到達しないで終わってしまう。

これまでは、基礎力を養成する方法を紹介してきたけれど、ある程度基礎を押さえたら、試合型式の練習が必要なように、勉強方法も、練習試合を組み込もう。

他流試合というのは、他校のチームと一戦交えて試合になれることだけれど、中学社会の征服計画では、「入試の過去問をテストのつもりで解く」ことが他流試合です。

結果が惨敗ということもあるだろうし、意外といい点数をゲットできたということもあるだろうと思います。いずれにしても、練習試合のあと、反省会などをして、どこがよかったのか、どこでミスをしたのか分析をするように、せっかくの他流試合の結果を充分に分析して、強みを生かし、弱点を補強しよう。そして自分のレベルをボトムアップさせて、しばらくしてから、また他流試合をする。

これを繰り返すことによって、実践に強くなり、時間配分、テクニック、試合運び(模試などでいうどこの問題から片付けるかなどの段取り)を冷静に判断してテストに臨めるようになります。

今の段階で、他流試合ぼろ負けでも、なんら問題なし。これから対策を立てていけるから、いろんなタイプの他流試合をしてみよう。まずは、春休み。最初の他流試合として、自分の受ける公立・私立の過去問にチャレンジしてみよう!

本日の授業はここまで。起立。礼。チャイム♪
タグ:社会全般
posted by ANNE at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35816106

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。