2007年03月27日

 19限 地理は、まず遊びから♪




 
いかがお過ごしですかぁ?
部活?うんうん、大変だけれど中学時代打ち込むものがあるのは幸せなことだと思うよ。
え? 帰ってくると疲れて何もやる気にならない?
ま、そういうのもありかな。ANNEも経験あるし… わからないでもないよ。

でも、2時間も3時間も机に向うのはハードル高くても、1日10分からはじめてみてはどう?
勉強となると拒絶反応が出る君も、遊び感覚ならば結構OKじゃない?

実は、ANNEが教えている英語教室で、正規のテキストを終了してしまったので、なにに取り組ませようかなぁ?と考えた結果、「世界地図と遊ぼう」というコンセプトでレッスン展開してみました。

英語のレッスンなので、当然英語をからめてなんだけど、世界の大陸をまず教えて、それから地図のコピーを各大陸ごとに分け、それを5〜6ピースにカットして自家製ジグソーパズルを作成し、取り組んでもらいました。

はじめ「え〜!」とブーイング気味だった子供たちも、なんだか夢中でジグソーパズルに取り組んでいました。小4〜6年の生徒対象に行ったレッスンでしたが、少なくとも地図には慣れたみたい。

ANNEは、英語は話せることがゴールではなくて、英語はコミュニケーションの道具だと思っています。現代はグローバルな時代。だから日本のことだけ、ではなく各国がリンクして、きちんと世界とコミュニケーションをとっていくべきだと思っています。その第一歩が世界にはいろいろな国があって、いろいろな産業があって、どんな文化を持っていて…ということを知ることだと思います。

それは、地理を勉強する目的でもあるよね。だから、面倒がらずに世界に目を向けよう。
たとえば、今メルボルンで世界水泳が行われているけれど、それは世界地図のどこにあるのか?という関心を持つ、とかね。

地理を学ぶことで、各国の特色がわかれば、世界で起きている紛争や問題の原因もみえてくる。解決策も見出せるかもしれない。だから、まず地図と仲良くなろう。

さっきANNEが紹介した、地図をコピーしてジグソーパズルにする。アホらし!と思ったかもしれないけど、遊びながらも、位置関係を子供たちはきちんとマスターしました。今後世界地図が出てきたとき彼らは自信を持って学べると思います。ジグソーパズルで、まず世界地図になじむところからスタートしよう。

これならば、準備は地図をコピーして、はさみでカットするだけ。何枚かコピーして、難易度を上げてもいいかも… タイム・トライアルにすると意外と熱中できます。1日10分ジグソーパズル

これで、地理力アップ。あとは、ニュースに出てくるたびに地図帳を開いて位置確認するようにするとなおgood!メジャーリーグもいまや日本でポピュラーになったけれど、それぞれのチームの本拠地を知るだけでもメジャーリーグ通みたいでしょ?しかも社会の勉強になるし… サッカーのチームでも同じコトをやってみよう。ANNEのクラスの子供たちは、ドイツとブラジルの国旗は知っていたよ。

ちなみにANNE愛用の地図は、ブルーアトラス―世界地図です。
せっかく春休みだし、世界地図で遊ぼう。子供用の世界地図のパズルでもOK!某書店で1,000円ぐらいで売っていました。地理の成績アップになるなら、1,000円の投資は安いかも…

ということで、本日の授業はここまで。起立。礼。チャイム♪

posted by ANNE at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37030213

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。