2013年07月27日

夏休みの地理レポート(--;)

生徒諸君 お元気ですか?

受験生の皆さんはきっと夏が勝負〜 とがんばっていることでしょう。
何しろ、林先生が「今でしょ?」といっているぐらいだから・・・(笑)

それはそうと、中学生ぐらいになると悩むのはレポートでしょうかがく〜(落胆した顔)

まず、何をテーマにしていいかわからない。
そもそも社会に特に興味もない

うんうん わかります。その興味の無いモノに取り組まねばならない苦労・・・

しかし・・・

課題として出されたのなら やはり取り組まざるをえませんね〜

では、こうしてはどうでしょう?

参院選挙も自民の圧勝に終わり、今の旬のテーマと言ったらやっぱりTPPでしょう。
Trans Pacific Partnership 正式にはTrans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement
日本語の正式名称は 環太平洋戦略的経済連携協定 (わっ 長っexclamation×2) 

つまり、TPP参加諸国で関税を撤廃して自由に貿易をできるようにしましょう というのがTPPの狙いなのですが、参加各国の思惑もあり、しかも情報はクローズド(結論が出るまで外部に情報は出さない)ということで先が見えない交渉となりそうです。

だったら・・・

TPPを行うメリットとデメリットについて調べてみる
日本の産業 (TPPがらみ)をクローズアップしてみる
TPP参加国の分布図を作ってみる

など 少しアイディアが湧いてきませんか?

TPPについて調べると、なぜTPP参加に反対している人がいるのか? とか 経済的な意義とか理解できると思います。 すると、この先日本はどうなっていくのかな〜 など不安に思うこともあるはずです。

そしてその不安に思ったり疑問に思うことがすなわち社会の生きた勉強なんですよねるんるん

どうせやらなければならない課題なら、とっとと取りかかって早く終わらせちゃいましょう。
実際社会人になって仕事をするようになったら、なんでこんなこと? と思う仕事も出てきます。

でも、そんなことを言っていてもラチがあきませんよね。
あなたがTPP交渉に臨んでいるTOP エリートになったつもりで取り組んでみると 目線が変わって面白くなるかもしれませんよ。

大変無責任な課題投げかけでごめんなさい

Have a nice summer vacation手(チョキ)
posted by ANNE at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370399125
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。