2007年05月29日

 27限 ヤマを張るって?

 

学生は大変ですねぇ。テストが終わると、またすぐテスト… それが学生の仕事とはいえ、テストって面倒だし、緊張するし、難しかった

らイライラするし、確かにテストがなければ… と思うかもね。


でも、仕方がないのよね。大人になればテストとは無縁か? そうでもないんだよ。先ず修飾試験でしょ?出世を目指すなら昇進試験とか
、社内選考で社内留学の資格をゲットできたり、TOEIC受験が社員の義務だったり… 直接成績がお金に結びつかない今は実は幸せだったり
するんだよ。おとうさんやお母さんに感謝しよう。お父さんやお母さんが身をけずって仕事をしてくれるから、安全に生活できてるんだよ。
感謝しつつ、今をenjoiしよう。

例えば、グルメなものばかり、いくらおいしくても毎日パスタばかり、とかでは変化に乏しくて飽きるでしょ? それと同じで、テストは学校生活のスパイスだと思おう。料理にちょこっとピリっとくるスパイスっておいしさを倍増させるでしょ? そんなこと考えたこともな
い? 要は考え方次第だということ…

ところで、ヤマを張るって簡単にできるイメージがあるでしょ?
テスト前で、ここは捨てて、ヤマを張ろう、とか、ヤマが当ったとか…
実は、ヤマを張るって意外とむずかしいって知ってる?
ヤマというのは、たとえばドラマでいったらクライマックスということでしょ?つまりツボな部分。
結構勉強もして、どこが重要なのか、どこが狙われやすいのかわかった上で、張るのが「ヤマ」!!

だから、あやふやな勉強では、「ヤマを張る」のはムリ!というわけ。
でも、ヤマを張るつもりで勉強するのは大事だよね。シャンプーで「エッセンシャル」という銘柄のシャンプーがあるのは知ってる?
しずちゃんがやっていますよね。 エッセンシャル=必要不可欠 という意味。つまり絶対はずせない重要な部分ということ。
それを探る訓練をすることは、今後のためにも、他の教科の勉強にもきっと役立つから、がんばって技をgetしよう。

でも、そんなに難しいことをするわけではないの。慣れてくると、カンも働くようになるから、とりあえず少しずつレッスンしておこう。
やることは、教科書のサブタイトルごとに「エッセンシャル=ヤマ」を見つけること。

 例えば「第一次世界大戦の勃発」とあったら、何が一番大事だと思う? 
第一次世界大戦について予備知識がないとして、やっぱり「いつ」? かは重要だよね。ま、過去の話といっちゃそれまでだけど…
それから、世界大戦というからには、誰と誰が戦争したか?も大事。
そして、そして、「なぜ?」何がキッカケで世界大戦なんて大事が起こったのか?

みんながテレビのニュースやワイドショーとかで、事件を見るとき、なにがあったの? どうしてそんな事件が起こったの?
どうなったの? これからどうなっていくの?(とまでは思わないかも知れないけど…)
と関心を持ってニュースの経緯が気になるのと同じこと。 え? 思わない? うーん。世間の出来事に関心を持とう。野次馬的でなくね。

自分が過去にタイムスリップしたつもりで、今その事件がおこったら、どうなるか? 何を一番知りたいか?を考えよう。それがそのままヤマだったりします。そして、エッセンシャルだから、先生も狙ってくる。(重要だから覚えて欲しいし…)先生も鬼ではないので、意識的にか無意識にか、ぽろりと「ここテストに出すかも」サインを出すことがあります。もう、ほとんど心理戦? 

そう、テストとは、相手が狙ってくるポイントをいかにつかむか、の心理戦のようなものです。そのまま人の心を読み取る練習だと思って

「ヤマ張り」の術を習得すべし。
では、28限で…

===========================================

posted by ANNE at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43287266

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。