2007年06月23日

 32限 やっぱテスト直前対策




 

さてさて、来週期末という人多いんじゃない? 7月にはいると3年生諸君は個人面談(進路相談)があるはず… だから成績表を作ることを考えても期末は6月中? ということで、テスト直前対策!!



●定期テスト=授業で学習した内容をきちんと理解しているかどうかを確認、また評価するためのテスト。範囲があらかじめ絞られているので、準備期間が充分にあれば高得点マークも夢ではない。

(ANNE流用語解体新書 なんちゃって…) 勝手に定義してみました。

ここで、ポイントは「範囲があらかじめ絞られている」ということ。逆に言えば、みんなが目指すべき入試には、範囲がない!!
つまり、定期テストを甘く見ないで、定期テストごとの範囲をきちんとマスターしていけば、その積み重ねで入試は恐るるにに足らずとなります。でも、きっとコレを見ている君は、そんなことできてりゃ苦労しねーよ!と思っているにちがいないので、ここでテスト直前対策をご紹介しよう。

テスト直前(ほんとに目前 明日テストという場合)の対策

@教科書を範囲の最後から読む
A教科書の太字部分を単語カードかレポート用紙に書き出す
B資料集、地図などで、場所、年号を確認
C問題集、学校でもらったプリントは必ず目を通す(=覚える)

これで、最低限7〜8割ポイントゲットできるはずです。

●@の教科書を通し読み
できればテスト一週間前にはこなしておきたいメニューですが… やってなければ仕方がない。一度読んで理解してやろーじゃん!の気合で集中して読む。

●rA単語カード、レポート用紙にピックアップする
これは重要ポイントを把握するためには有効。単語カードなら、表に重要項目、ウラに説明を書く。説明は簡潔に!覚えやすく!
レポート用紙なら、半分に折って、左に項目、右に説明。あくまでわかりやすく、一項目1行で。箇条書きが望ましい。

●B社会科は地理でも歴史でも、公民でも、教科書と資料集、地図帳、などは相互リンクしているはずなので、試験範囲内の資料集や地図は必ずチェック。この一手間で問題一つトクすることもある。逆に見てないとぜーったい後悔する。後で確認するとしっかり資料集まんまで出てることがあるものだ!特に表形式、年表型式になったものは要注意。前後左右の項目もでることがあるのでよく記憶すること。

●C問題集は、この際中間・期末対策モノを購入しよう。要は定期テスト対策は教科書対応のものが望ましいということ。
学校でもらったプリントなら、ここから出すかも…と先生からの大サービスの可能性大なので、穴埋め問題とかはきちんと覚えよう。
問題集もプリントもコンビニでコピーしてこよう。そのコピーに赤ペンで答えを写していく。これで6割取れる(ハズ)

教科書準拠型問題集は、どのポイントが出やすいかすでに研究・検討されて作られているので、ショートカットでポイントをつかみ、同時にどういう型式でテストが出やすいかもシミュレーションできる。
マジこれは便利!本

この投資は決して損はないよ!手(グー)

以上、簡単に直前対策講座を終わります。
@〜Cまで全部やってみるのが理想だけど、時間切れならBCだけは絶対やろう。@の教科書通し読みも時間が許せばぜひ!
では諸君の検討を祈る。手(チョキ)

※1 いうまでもないけど、重要項目はきちんと漢字で正確に(太字どおりに欠けるようにしておくこと!せっかく答えがわかっても漢字間違いで減点!ってこともあるからね。これも本番で間違わないための先生の愛のムチだったりするんだけどね。覚えればノープロブレムわーい(嬉しい顔)

※2 この直前対策、社会に限らずどの科目にも当てはまります。ぜひ内申のボトムアップを図って、夏の勉強につなげようね。
Good Luck!

これ、オススメ黒ハート ★★★
教出 社会地理 ズバリよくでる中間・期末テスト

ANNEオススメ度 ★★★ 定期テスト対策はやっぱ定期テスト問題集にまかせようるんるん
ハート清水版 中学社会 歴史 教科書トレーニング

ハート日本書籍版 教科書トレーニング 中学社会 地理

ハートANNEオススメ度 ★★
中学社会 歴史(大書版)―中間・期末対策テスト

ANNEオススメ度 ★★★
ハート中学公民―定期テスト対策・要点らくちんチェック


=========================================



こちらもよろしく
「ANNEの中学英語征服計画」 http://www13.or.jp/e-soleil/
「ANNE的徒然英語勉強部屋」 http://anne-studyroom.seesaa.net/ 刑事コロンボシリーズフィーチャー中 現在「美食の報酬」紹介中で

す。よろしく
posted by ANNE at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。