2007年03月25日

 18限 歴史と地理は座標の縦軸と横軸だ♪



 
春休みだね。成績はいかがでしたかぁ? ともあれ1年間お疲れ様。せっかく宿題も試験もない春休み。普段力を入れられない社会を進めておこう!「先手必勝」「後手にまわる」「先手を打つ」これらは囲碁・将棋の世界で使われる用語ですが、いずれも日常語として定着してますね。前倒しで進めておくと有利だ!ということ。

世界史・地理・公民 3つの分野を1度に、また短い期間でカバーするのは意外と大変です。少しずつなら負担も軽い♪ 前にも言ったけれど、薄っぺらい問題集と解答集をにらめっこしてエッセンスをチェックしておこう。

1冊が10ページぐらいのものを選べば、必要最小限の知識はカバーできるはず。まず最小限の知識を頭につめこまないことには、問題も解けないし、他流試合どころではないもんね?

ところで、本日の授業。「歴史と地理は座標の縦軸と横軸だ」について。

これはANNEの独自理論です。特に論拠はありません。
でも、その昔受験勉強をする中で、また大学時代家庭教師として子供に教えるなかで、ANNEの中で確信した理論なので、このブログを読んでくださっているみんなにご紹介します。

問題集を見ると、歴史事項は、その地域だけ理解しているだけでは不十分だということがわかります。

例 高校入試中学1・2年の総復習社会旺文社 46ページ

1.今から約2000年前、Aパレスチナの地にイエスがあらわれ、神による救済を説いた。この宗教は当初、ローマ皇帝から迫害を受けていたが、やがてローマ皇帝より認められて、国家の宗教となった。
(1)下線部Aの事柄と時期的に最も近いものを、次のア〜エの中から1つ選びなさい。

 ア インドではシャカ(釈迦)があらわれ、仏の前では人間はすべて平等で、心の迷いを取り去ることが大切だと説いた。

 イ 中国では孔子があらわれ、自分の行いを正しくすることが国をうまく治めるもとであると説いた。

 ウ アラビア半島ではムハンマド(マホメット)があらわれ、唯一の神アラーへの絶対服従の信仰を説いた。
 
 エ 日本列島では倭奴国王があらわれ、中国の漢(後漢)の肯定に使いを送り、皇帝から金印を授けられた。

さあ、約2000年まえの世界事情がわかっていないとこの問題は解けないよね。逆にこれは絶対違うというポイントがわからないと1つに絞れない。

アは仏教のことを説明している。紀元前6世紀にインドで仏教を説いたんだね。

イは孔子がいつごろ登場したか知らないと判断できないよね。紀元前6世紀の春秋時代後期に儒教を説いたんだよ。

ウはイスラム教のことを説明している。イスラム教はいつごろ発生したのか。紀元後7世紀ごろ。

エは57年(=つまり紀元後1世紀)後漢の皇帝が倭の奴国王に与えたもの。現在の福岡県志賀島で発見。

そしてそもそもイエスがいつごろ登場したのかを知らないとこの問題は永遠に解けない。 イエスは1世紀ごろ歴史の表舞台に登場したんだよね。

紀元前をBCとか紀元後をAD とか表現するけれど、BCはBefore Christ つまりイエスが生まれる前を紀元前と言うんだよね。これを知っているだけでもポイント高いよね。

この問題は複合的に歴史を理解していないと解けない,ある意味良問、受験生泣かせの問題です。だから、みんなは、歴史の縦軸(いつの頃の出来事なのか?)と横軸(その頃他の地域ではなにが起きていたのか?)を意識しながら勉強しよう。

例えば数学で、x=5、y=−6 といったら、座標軸で、どのあたりかわかるよね。それと同じで、yを歴史の年代とすれば、−6は紀元前というふうに考えれば、歴史の縦軸、横軸といえるかな?

つまり、勉強するときは、1つの項目を勉強したら、それと関係することもついでに覚える必要があるということ。

ということで、本日の授業はここまで。起立。礼。チャイム♪



ラベル:社会科全般
posted by ANNE at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

13限 社会に数学をコラボさせてもいいじゃないか♪



久しぶりの授業ですが、みんな勉強進んでますかぁ?

期末テストも終わったことだし、気分はすでに春休みモード? 
実はANNEの息子はまさしく気分は春休み!です。
彼は、テスト前はそれなりに勉強するのですが、普段勉強するのが苦痛らしく、「料理職人になる」などといっています。息子よ、料理の世界はおそらく実力の世界。勉強するよりさらに厳しいぞ!

しかも、料理に要求されるのは、味はもちろん、段取り、美的センス、クリエイティヴな感性、さらに店を持つのであれば、人間関係力、経営力、その他いろいろな要素が必要だし、それこそ勉強が不可欠。

しかも、下積みのうちは、上下関係も上手にこなさなければチャンスもめぐってこない。

勉強から逃げるために、そうした世界へ逃げようとするならば、それは甘い!!としかいいようがないでしょう。

もちろん、料理が好きで、1日料理を作っていても苦にならない、おいしいものを提供したいという夢を持ってがんばるのであれば、努力もできるだろうし、希望も見出せるはず。だから反対はしないけれど、現実は受験よりもずっと厳しい。

受験は子供にとっては大きな試練ではあるけれど、社会へ出て実際に働くときに次々現れる試練やトラブルの予行演習のようなもの。12限でお話したゲームでいえば、クリアすべきステージです。

努力した分、結果に出ます。だからめげずに、逃げずに頑張ろう♪

ところで、今日のタイトル、変じゃない? 確かに変です。
何をいいたいか、といえば、教科書の内容を図式化しちゃえ!ということです。

たとえば、高校入試中学1・2年の総復習社会のp22にこんな記述があります。

「@ ポルトガルから独立したこの国では、南部の高原部を中心に、( )栽培が盛んで世界最大の生産国となっている。鉱産資源にもめぐまれ内陸部の開発が進むが、その一方で熱帯林の破壊も進行している」

長いよね。最初から最後まで読まないとポイントが何かわからない。
では、これを数学をコラボさせてノートにまとめればどうなるか?

@ポルトガルから独立=ブラジル
 ☆南部高原部を中心に(コーヒー)栽培が盛ん ・・・ 世界1位
 ☆鉱産資源も豊富→ 内陸部の開発進む
    ↕(反対内容 =But)
 ★熱帯林の破壊も進行

どう? ずいぶん短くなって読みやすくなったでしょ? 
数学の数式記号、
「=」「<」「>」「≦(以上)」「≧(以下)」「∴故に 証明問題で使うよね」「≠同じではない」

を使うと、格段に内容が見やすくなるのと同時に、頭も整理できちゃうのだ! 
速いし、ラクだし、おいしいし ファーストフードみたいでしょ?

こうして図解すると記憶に残りやすい、というのは知ってる? 人間って文章で書かれていると内容をよく覚えていないけれど、映像にすると思い浮かべやすいんだよね。昨日の夕ご飯のメニューって、「ごはんとハンバーグとかぼちゃのスープとレタスとトマトのサラダ」というより、テーブルの上に置かれた映像をイメージするでしょ?それと同じです。

理解力=国語力です。何がかいてあるのか わからなければポイントもわからないよね。訓練として「〜が・・・」という文は「=」で、重要ポイントはナンバリング(@、Aというふうに番号をふること)で表すクセをつけてみよう。長い文章も要点を要領よく把握できるようになるはずだよ。

あとは、いつも言っているように薄い参考書、問題集でまず全体像を網羅しよう。
社会と数式は仲良し。何故なら社会は「AはBだ A=B」「AがBした。故にCという状況になった A→B ∴C」というように数式に表しやすいからです。

だから社会に数学をコラボさせたっていいじゃないか♪ というわけです。
See you!

本日の授業はここまで。起立。礼。チャイム♪
posted by ANNE at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。