2007年04月04日

 21限 社会の勉強もトラックバックしよう♪




 

みんな元気に過ごしてるかな? 勉強してる? え?もったいない? せっかく宿題もない春休みなのに?でも、今からひそかに戦いの準備が始まっているんだよぉ。目覚めよ、諸君!なんちゃってね。やっぱ先手必勝でしょう!

さて、本日の授業。
社会の勉強もトラックバックしよう♪ トラックバックって何ねん? と突っ込みを入れたくなる?
うんうん。まず何を言いたいのかを考えてみよう。 わからない?? では、解説。

トラックバックというのは、ブログを読むみんなならご存知だとおもうけれど、あるブログを見て、関連があるな?と思ったり、自分はこう思うよ♪というときに、そのブログから自分のブログにリンクを張ることができる機能です。

つ・ま・り 「ことがらとことがらをリンクさせよう」というのが本日のテーマ。
18限で、歴史と地理は座標の縦軸と横軸だ と説明しましたが、覚えているかな?

そのときは、紀元前から儒教、キリスト教、イスラム教、仏教で、どれが最初?という話をしました。
今日お話したいのは、例えばイスラム教と出てきたら、教科書の最後の索引を見て、イスラム教関連ページへトラックバックしようということ! トラックバックするのは、教科書だけではないよ!社会の勉強をするときは、教科書、資料集、地図帳を手元におこう。そして、イスラム教と出てきたら、教科書、資料集、地図帳をすべてトラックバックしてみよう。手(チョキ)

すると、歴史と同時に地理にも強くなれるでしょ?
そして、資料集。この資料集がクセモノ。資料集の存在って忘れがちでしょ?でも、ANNEがもし社会の先生なら、資料集の一部を問題にのせて、「これは地図上でどこで起こったことか?」なーんて問題をつくっちゃうかな?

まじで教科書と資料集をリンクさせておくと、試験に強くなるよ。
これは、問題集を解く(解答を写すときも同じね。)ときも、トラックバックさせようね。
こういうテクを日本語でいうと、「芋づる式」というんだけど、一つだけ覚えているよりも、いろいろリンクさせたほうが覚えやすいんだよね。しかも、どれかを忘れても、リンクさせておけば他のところがヒントになって思い出せることもあるんだよね。だから、キーワード検索テクトラックバックテクは駆使しよう。


では、短いけど本日はここまで。起立。礼。チャイム♪ 

タグ:社会全般
posted by ANNE at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

 20限 教科書はオールマイティではない!




 

春休みもあと1週間・・・ 有意義に過ごしてる? 
普段読めない本や、普段見れない映画を見ておくのもみんなの栄養になるよ。ぜひこの春はこれをやった!というものを1つでもいいから作ろう!

ところで、今日の20限は、いつもと趣が違いますが、聞いてね。

みんなは新聞読む? ANNEはいつも時間に追われているので読むときと、ぜんぜん読めないときがあります。ただ、3月31日のニュースは要チェックです。

各新聞、ニュースで取り上げられていましたが、

沖縄戦集団自決に関して、「軍が強制」削除もとめる

第二次世界大戦の沖縄戦であった集団自決について、「近年の状況を踏まえると旧日本軍が強制したかは明らかでない」として従来の姿勢を変更。旧日本軍の関与に言及した日本史の教科書に、修正を求める検定意見が付いた。
2007年3月31日 中日新聞より

特に注目すべきは
●集団自決 「強制」→「追い込まれた」
●イラク  「戦時」→「主要な先頭終結」

沖縄戦の後の集団自決に関しては「ひめゆりの塔」とかが有名ですが、沖縄県民の人の立場にたって考えて見ましょう。
「集団自決を強制された」というのと、「なかには集団自決に追い込まれた人もいた」というのと、比べてみてどうですか? 

なかには… 追い込まれた人も というニュアンスには、別に強制されたわけではなく集団自決してしまった という可能性も含まれますね。 ま、意見の分かれるところだと思いますが、ANNE
の独断と偏見による意見では、政府がつけ込まれる余地をなくしたいという意図があちこちに垣間見えてしまいます。従軍慰安婦問題や南京事件 (わからない人はこの際調べてみよう)についても、旧日本軍がおこなった虐殺とか横暴をケムに巻いてしまおうとしているように見えますが、みんなはどう思いますか?

ここで歴史の教科書から、事実を消してしまえば、時代の生き証人の人達がこの世から去ってしまったら事実を知る人はいなくなります。そうすると正しい理解は困難になりますよね。

これはある意味、戦時中の言論統制のように感じてしまうのはANNEだけでしょうか?

本来の授業とはちょっと違いますが、なんだかこれは若いみんなに訴えてみたいと思ったので、本日はこうした内容になりました。

みんなは、教科書や新聞やニュースの内容をうのみにしていることはないだろうか?

もちろん、それぞれの内容はおおむね正しいことを伝えているわけだけれど、書き手、ニュースの伝え手がどういう視点に立って、どう伝えるかによって、同じ内容でもずいぶん違った意見になることがあります。

今日取り上げたこの検定教科書の問題はその典型? 

だから、みんなは、一つの資料、一つのニュース、一つの記事だけを読んで、理解するのではなく、違った方面からも見るというテクを身につけて欲しいです。何でも疑えというのではないですが、例えば病院で診断結果をうのみにするのではなく、セカンド・オピニオンを求めるようなものかな?

そうすることで、間違った情報、デマ、イカサマなどで翻弄されなくてすむよね。

「もしかしたら、違う意見・違う記事もあるかもしれない」という「・・・カモ」を大事にしよう
       
ということで、本日の授業はここまで。起立。礼。チャイム♪
タグ:社会全般
posted by ANNE at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

 19限 地理は、まず遊びから♪




 
いかがお過ごしですかぁ?
部活?うんうん、大変だけれど中学時代打ち込むものがあるのは幸せなことだと思うよ。
え? 帰ってくると疲れて何もやる気にならない?
ま、そういうのもありかな。ANNEも経験あるし… わからないでもないよ。

でも、2時間も3時間も机に向うのはハードル高くても、1日10分からはじめてみてはどう?
勉強となると拒絶反応が出る君も、遊び感覚ならば結構OKじゃない?

実は、ANNEが教えている英語教室で、正規のテキストを終了してしまったので、なにに取り組ませようかなぁ?と考えた結果、「世界地図と遊ぼう」というコンセプトでレッスン展開してみました。

英語のレッスンなので、当然英語をからめてなんだけど、世界の大陸をまず教えて、それから地図のコピーを各大陸ごとに分け、それを5〜6ピースにカットして自家製ジグソーパズルを作成し、取り組んでもらいました。

はじめ「え〜!」とブーイング気味だった子供たちも、なんだか夢中でジグソーパズルに取り組んでいました。小4〜6年の生徒対象に行ったレッスンでしたが、少なくとも地図には慣れたみたい。

ANNEは、英語は話せることがゴールではなくて、英語はコミュニケーションの道具だと思っています。現代はグローバルな時代。だから日本のことだけ、ではなく各国がリンクして、きちんと世界とコミュニケーションをとっていくべきだと思っています。その第一歩が世界にはいろいろな国があって、いろいろな産業があって、どんな文化を持っていて…ということを知ることだと思います。

それは、地理を勉強する目的でもあるよね。だから、面倒がらずに世界に目を向けよう。
たとえば、今メルボルンで世界水泳が行われているけれど、それは世界地図のどこにあるのか?という関心を持つ、とかね。

地理を学ぶことで、各国の特色がわかれば、世界で起きている紛争や問題の原因もみえてくる。解決策も見出せるかもしれない。だから、まず地図と仲良くなろう。

さっきANNEが紹介した、地図をコピーしてジグソーパズルにする。アホらし!と思ったかもしれないけど、遊びながらも、位置関係を子供たちはきちんとマスターしました。今後世界地図が出てきたとき彼らは自信を持って学べると思います。ジグソーパズルで、まず世界地図になじむところからスタートしよう。

これならば、準備は地図をコピーして、はさみでカットするだけ。何枚かコピーして、難易度を上げてもいいかも… タイム・トライアルにすると意外と熱中できます。1日10分ジグソーパズル

これで、地理力アップ。あとは、ニュースに出てくるたびに地図帳を開いて位置確認するようにするとなおgood!メジャーリーグもいまや日本でポピュラーになったけれど、それぞれのチームの本拠地を知るだけでもメジャーリーグ通みたいでしょ?しかも社会の勉強になるし… サッカーのチームでも同じコトをやってみよう。ANNEのクラスの子供たちは、ドイツとブラジルの国旗は知っていたよ。

ちなみにANNE愛用の地図は、ブルーアトラス―世界地図です。
せっかく春休みだし、世界地図で遊ぼう。子供用の世界地図のパズルでもOK!某書店で1,000円ぐらいで売っていました。地理の成績アップになるなら、1,000円の投資は安いかも…

ということで、本日の授業はここまで。起立。礼。チャイム♪

posted by ANNE at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

 17限 検索機能を使おう♪

 17限 検索機能を使おう♪

 
Hello! 明日終業式を迎える人も多いよね。いよいよ春休み。1年間お疲れ様。春休みは宿題もないし、気持ちもゆったりするけれど、「先んずれば受験を制す」ので、せっかくテストも宿題もない今の時期に社会をスタートさせてほしいなぁ… 一足早くスタートさせるメリットは以下のとおり。


  • メリット1:社会という科目は、覚えている項目が多いほど有利。

  • メリット2:長時間机に張り付く必要なし

  • メリット3: 何度も復習するほうが効果的

  • メリット4:多くの問題にあたるとよい
  •  


どう? はやくスタートさせるほど、後がラクなんだよねぇ。1日10分からはじめてみない?
ま、ANNEはせっかちなので、あとがない!!という追い詰められた状況が苦手だからそういうだけなんだけどね。先にやっておけば、万が一遅れが出ても挽回できる時間的余裕があるから、老婆心からそういうだけなんだけど… (といってもほんとの老婆ではないので…そこんとこよろしく 苦笑)

では、本日の授業スタート。

「検索?」インターネットやってるんだから、検索するに決まってんじゃん!?
待って、待って。検索といっても、ネットで検索するわけではなくて、みんなの持っている教科書を使った検索です。「はぁ〜?訳わかんね」って? ま、そうかも… 

前にも、教科書は記憶しやすいようにまとまっていないので、そのまま読んだのではポイントがボケがちです。そこで、ANNE的勉強法として、検索機能を活用する方法を紹介します。

教科書の後ろのページを開いてください。何がありますか? そう、索引です。これをうまく利用しましょう。索引なのだから、あまり意味のない項目は乗せていないはず。そこで、索引の項目を見て、キーワード検索をしちゃいましょう。索引ページには、社会科のキーワードがいっぱい。そこで、そのキーワードが何ページにあるかをチェックして、1つのキーワードにつき、5W1Hをおさえつつ、簡単にまとめてみよう。この手順はほとんどネットの検索と同じ。知りたいことのエッセンスとなるキーワードを絞りこんでいくよね。

例:墾田永年私財法 =743年 聖武天皇のとき制定。人口増加による口分田の不足、耕地の荒廃がすすんだ→ 新たに開墾した土地の私有が認められた。影響=律令制度を支える公地公民の制度が崩れるきっかけとなる。

こんな感じ。

今まで、索引をあまり使ってみたことがない人って、多いと思います。学生の頃、家庭教師で教えていたとき、「索引を使ってわからないところを調べてごらん?」と言うと、生徒は索引って? って顔をしていましたっけ… でも、索引でキーワード検索するテクを覚えると、問題集とかで不明な部分も確認作業がラクになります。ポイントはとにかくわーい(嬉しい顔)

ポイントを絞り込むことで、最重要な部分はどこか?もわかるはず。キーワード検索をするときは「ヒト、場所、時代、イミ」 これだけは押さえるようにしましょう。

そして、そして、シリトリのように、「聖武天皇」→「律令制度」→「公地公民」あたりのキーワードもチェックしておくと、なおよいでしょう。テキストを逆から読むのと同様、索引も「わをん」から始めると項目が少ないから達成感がはやく味わえるでしょう… 

キーワード検索したら、ルーズリーフ式の用紙に、1ページ1文字もしくは「ワ行のコトバ」という感じで先ほど検索したように、キーワードのエッセンスをまとめていきましょう。「1日1項目 3日で3項目 後退なし」で、はやいところ基礎知識はひととおりおさえましょう。

ということで、本日の授業はここまで。起立。礼。チャイム♪
posted by ANNE at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

 16限 テキストを読むときは、突っ込みを入れながら…♪



 
Hello! 
「蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜 」見た? 映画館へ足を運ぶ時間がない? 映画は高い? うーん。確かに…
 
ANNEも年度末で、運営している英語教室の成績表も書かなきゃいけないし、イースターの準備もしなきゃで見に行っているヒマがないんだなぁ。でも、DVDでは、映画館の迫力に勝てないんだな。こういうスケールの大きい作品は映画館で見たい、と映画フリークのANNEは思います。

今までに見た歴史映画は、

  • ラスト・エンペラー

  • トロイ

  • キング・アーサー




こんなところかな? 昔から歴史ものが好きだったから、世界史に強くなったのか、世界史に強かったから歴史モノ映画が好きなのか、どちらが先かよくわからないけれど、歴史ものを見たり読んだりしておくと、予想外のところで、役に立ったりするので、あなどれないよぉ。

大学入試の世界史で、池田理代子さんの「ベルばら」のおかげで問題一問儲けたし… 勉強しておいたことって、無駄なようでどこかで活きるから頑張れるときに頑張っておこう!

では、本日の授業スタート。

みんな、お笑い好きだよね。子供って、もれなくお笑い好きなのかな? ウチの子供たちもごたぶんに漏れず「笑金」とか「エンタの神様」とか大好きだし… 英語教室に来ている子供たちもやっぱりお笑いは好きみたい。

だったら、とANNEは考えました。
ボケと突っ込みでお笑いって成り立っているよね。ならば、社会のテキストを読みながら、いちいち突っ込みを入れていくというのはどう?

突っ込みを入れるということは、相手の話をわかった上で、おかしなところとか、面白い部分を際立たせるということだよね。だったら、テキストを読みながら、「なんでこんなことしよるんかい?」とか、「おかしいやろ!」とか不思議に思ったところに突っ込みを入れることで、記憶に残りやすくなると思うんだよね。

教科書を読みながら、ひとり突っ込み!問題を解きながら、ひとり突っ込み! 意味不明な問題に出くわしたら、「ありえねぇ〜」とかね。

そしてありえねぇ問題に出くわしたときは、突っ込みを入れつつ、解答を見て、理解する。突っ込みを入れるということは、自分の中で、わからない内容だということが認識できているということ。答えを見て理解できれば、「なんだそれ〜。まじ〜?」とか言いながら自分の言葉でその問題を落とし込むことができたということ。

つ・ま・り

突っ込みを入れる=問題点をピックアップする → Why?
オチをつける= 理解して、自分でその問題に納得できた → その問題をどう理解したかコメントできる

ということ。

実は、頭の回転が速い人のお笑いは面白いよね。さりげない日常の中からネタを拾って、面白く語る。そこには問題を拾い出す感性の鋭さや、観察力、判断力、そしてヒネリ。

そう持ってくるか?!という意外性が面白さを生み出すんだよね。

だったら、みんなも社会の教科書から、ネタを拾い出して突っ込みを入れてみよう。知識と一緒にお笑いのセンスも磨かれるかも…

ということで、本日の授業はここまで。起立。礼。チャイム♪
タグ:社会全般
posted by ANNE at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15限 「先んずれば入試を制す」♪ 

 
歴史モノ鑑賞で歴史のイメージトレーニングをしよう

元気ですか? 春休み直前で、試験もないし、あまり勉強しよう!というモードではないと思います。
今年の春の映画といえば、「ナイト ミュージアム」あたりかな?

たしか、反町隆史さんが「蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜 」でフビライ・ハーンの役をやっている映画も封切されたと思うけど、せっかく中学社会征服計画をチェックしてくれている皆さんには、この映画をチェックしてみてほしいな♪

歴史というのは、実際に世界で起こったことです。現在はその過去の事実のうえにあるわけなので、歴史を知ることは、意味のあることなのだけれど、学生のみんなにとっては、暗記しなきゃいけないし、面倒くさいことだろうと思います。

一つの解決策としては、前にも触れたことがありますが、ドラマ仕立ての小説なり、映画なり、漫画なりを見て、ストーリーとしてイメージする方法があるんだよね。ドラマだと、主人公がどんな人物で、どんなことをやって、どう世界が変わったか?というように、具体的にイメージしやすいでしょ? 例えば、「フビ

ライ・ハーンがモンゴル帝国を作った」
とだけ年表に書いてあっても、今いち記憶に残りにくいけど、具体的に知っている人物だと、へーえ、あいつそんなことをしたのか? なんてちょっと親近感沸かない?

もっと最近の例で言えば、吉田茂首相ときいても、「は? だれそれ?」と思うけれど、小泉前首相だと「あぁ、小泉劇場の小泉首相ね? 郵政民営化したよね、結構強引な人?」 とかイメージしやすいでしょ?

だから、せっかく時間がある春休みや夏休みに歴史映画や漫画、小説をがんがん見たり読んだりして、具体的なイメージを膨らまそう。ただ、教科書を眺めるより、効果的な勉強になること請け合い!だよ。

ところで、本日の授業のテーマですが、本来は「先んずれば人を制す」という格言です。日本語で「先手必勝」というコトバもありますね。

受験もある意味戦いだよね。でも、自分が努力して、希望のところへ行くことが目的で、あまりにもかけ離れた志望校でなければ、あとは自分との戦い なんだよね。同じ戦いでも、やるかやられるか、ではなくて自分がどこまで誘惑に勝って、力を伸ばせるか?という戦い。

「あと1ヶ月で、30点アップしないと、志望校に受からない」という状態と、あと1年であと40点分実力アップさせればいい」というのと、どちらがラクだろう?

当然、あと1年で40点アップさせるほうがラクだよね。
だから、「少しでもはやく、勉強にとりかかるほうが、受験を制す」というわけ。

あすからやろう、と言う前に、今日できることから今日はじめてみよう。
他流試合の合間に、他の試合を見てイメージトレーニングをするように、歴史モノを見たり読んだりして、イメージトレーニングをするのもGood! 立派な勉強だよ。

本日の授業はここまで。起立。礼。チャイム♪


posted by ANNE at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

14限 他流試合をしよう♪


もう、中学の卒業式も終わり、春休みも目前ですね。今年は春がはやいので、花粉に悩まされている人もいるかな?

ま、春は気持ちも浮き立つ季節。今年度受験生だった人は、もう入試は終わったかな? 受験の全ての日程をこなした人、お疲れ様でした。あと一いきの人、最後まで全力でぶつかっていこう!

受験は、君の人生にとって決して楽な試練ではないと思うけれど、クリアすべきステージの一つではあるので、1年間高校入学という目標を持って、勉強するというのは無駄にはならないよ。結果も大事だけれどプロセスも大事だし、その努力のプロセスは今後にきっと生きてくるはずだから。

もし、自分の満足いく結果でなかった場合でも、その結果が全てではないから、きっと巻き返しはできる!


ところで、ここで皆に質問。体育会系の部活をやっている場合、自分の所属するチームのレベルと相手のレベルとの間にものすごい差があったとしたら、勝負は目に見えているよね。相手チームがものすごい強い場合、そのチームに勝とうと思ったら、どうする?

自分のチームのレベルを相手チームと互角に戦えるまでアップさせる必要があるよね?
それには、どうすればいいと思う? 

まず自分のレベルを知ること。これが前提条件。
自分のレベルを正確に知って、武器になる部分と弱点を把握する。

例えば、野球部だったとして、キャッチボールとノックと走りこみ、ストレッチといった練習メニューだけでは、実践で戦えないよね。守りと攻め、どちらも何度も経験して、どんな時でも一定のレベルを保てる実力を養わなければ、最終戦まで到達しないで終わってしまう。

これまでは、基礎力を養成する方法を紹介してきたけれど、ある程度基礎を押さえたら、試合型式の練習が必要なように、勉強方法も、練習試合を組み込もう。

他流試合というのは、他校のチームと一戦交えて試合になれることだけれど、中学社会の征服計画では、「入試の過去問をテストのつもりで解く」ことが他流試合です。

結果が惨敗ということもあるだろうし、意外といい点数をゲットできたということもあるだろうと思います。いずれにしても、練習試合のあと、反省会などをして、どこがよかったのか、どこでミスをしたのか分析をするように、せっかくの他流試合の結果を充分に分析して、強みを生かし、弱点を補強しよう。そして自分のレベルをボトムアップさせて、しばらくしてから、また他流試合をする。

これを繰り返すことによって、実践に強くなり、時間配分、テクニック、試合運び(模試などでいうどこの問題から片付けるかなどの段取り)を冷静に判断してテストに臨めるようになります。

今の段階で、他流試合ぼろ負けでも、なんら問題なし。これから対策を立てていけるから、いろんなタイプの他流試合をしてみよう。まずは、春休み。最初の他流試合として、自分の受ける公立・私立の過去問にチャレンジしてみよう!

本日の授業はここまで。起立。礼。チャイム♪
タグ:社会全般
posted by ANNE at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

12限 入試はいわばゲームのボス戦だ♪

中学や高校の入試を控えたみんなは、きっとゲーム世代だよね。
ANNEの子供もごたぶんにもれず、ゲーム大好きのようです。
時々、ゲームばかりやっていると、ゲーム脳といって、若年性認知症のようにスカスカ頭になるよ!と脅しをかけているけれど、あまり効果はないようで…

ま、時代だから仕方ないのですが、セルフ・コントロールは必要かな。日がな1日ゲームだけやっているのは健康のためにもよくはないので、自分でルールを決めよう
一時間ゲームやるなら、1時間勉強する!とかね。うまく勉強の合間にゲームを組み込めば、リフレッシュにはなるので、どうせならげームもうまく使おう!

て、別にゲームの話をしたいわけではありません。
みんなRPGという言葉はわかるよね。Roll Playing Gameのことだよね。RPG だとストーリー仕立てになっていて、いろいろな戦いをして、経験値をあげて、ボス戦と呼ばれる最終戦に勝つとゲームクリアとなるわけですね。ひらめき

ボス戦に勝つためには、何をしますか?まず、小さい戦いからスタートして、クリアしていくよね。そして、いろいろ情報を集める。RPGで敵とされている相手の属性攻撃方法、ウィークポイント、武器、敵方には、どんなパーティがいるのか…などなど。

そして、戦略を考える。ボスを倒すために、武器をそろえる、ストーリー上に設定されている戦いに勝つ、メンバーをそろえる、相手の攻撃に備えて、装備を強化する。

そうしておいて、ボス戦に挑むよね。ストーリー展開上そう進むようにできているということもあるけれど、「どうすれば勝てるか?」「相手はどう出るか?」を考えて相手の動きを読みながら、攻め・守りを考えないと勝てないよね。
勝てないと、ゲームオーバー。バッド(下向き矢印)リセットはできるけど、もう一度最初からスタートだったり、セーブしたところまで戻らないといけなかったりするよね。

それって… なんだか勉強に似てない? まず練習問題からスタートして、経験値を上げて、どんどん強い敵を倒しながら、実力をアップさせる。そしてボス戦に当たる入試で勝つ! ね? ゲームと勉強とは違うというかもしれないけど、ゲームの中でだっていろいろ考えて勉強してるんだよ。

だったら、実際の勉強に置き換えて、経験値を上げて、敵を倒しながら入試に勝ってげームクリア、てな具合にゲーム感覚で勉強したらどうだろう?



  • @1単元=ゲームのセーブポイント

  • A問題集の練習問題=トレーニング
    定期テスト、または模擬テスト=各シーンでの戦い

  • B歴史・地理・公民の基礎知識(入試にひつような情報)=装備
    定期テスト、模試などの成績=経験値、またはパラメータ 経験値を上げないと次のステージにいけない

  • C入試問題取り組み=ボス戦のための情報収集、敵の情報、攻撃タイプ研究、パーティのメンバーチェック

  • D入試=ボス戦

  • E合格=ゲームクリア


もっとレベルアップしたゲーム(高校生活へ)

定期テストや模試などの成績で、今のステージでの自分の実力をチェックして、次のステージにいくには、

経験値(勉強時間、内容、実力)をどのレベルまで上げるかという傾向と対策をすることが大事だよね。

つまり、いきなり大きな戦いではなくて、モバQことで、結果的に大きな戦いに勝つだけの実力を養成するということ。

みんなは、今ゲームのスタート段階にいます。ここから1年後のボス戦まで一緒にクリアしていきましょう

。まずはパーティのメンバーをそろえるところから。

ゲームのパーティは普通5人だったりするけれど、中学社会の征服計画というゲームでは、パーティは3人
そう、地理・歴史・公民です。
ゲームでは、どのパーティも経験値と魔法力などをあげて、強くしないといけないよね。そのための練習バトルなんかも設定されている。まだ始まったばかりだから、レストランの日替わりランチのように、今日は地理、今日は歴史、今日は公民(これは3年になってからだけど)とバラエティをもたせてみよう

あ、それから大事なことを一つ。ゲームでは、あるレベルまで行くまでは、次のステージには進めないよね。それと一緒で、はじめからぶっ飛ばさないことが大事。まずレベル1ですすめるところまで、地理・歴史・公民をそれぞれ進めておこう。

つまり、問題集の練習問題(基礎編)を1日1セーブポイントまでこなそう。
レベル2のゲームの進め方は13限の授業で。 

本日の授業はここまで。起立。礼。チャイム♪
posted by ANNE at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

11限 ツボに入る勉強をしよう♪


学年末テストはもう済んだ?

勉強って、面倒だよね。できれば最短時間で最大の効果をあげたいよね。
昔、ANNEの友だちに、とてもまじめで勉強もがんばっていた子がいました。でも、ノートとかは完璧なのに、そのノートを見せてもらうと、イマイチ内容がわからない…
すごく努力しているのに、つまりマトがずれちゃっているってこと。

どれだけ勉強しても、ツボに入ってなければ効果は出ないよね。
さっきの友だちの例でいけば、彼女はとてもまじめに授業を受けて、とてもまじめにノートもとっている。
それなのに、何故成績があがらないのか? 彼女のまとめ方は、重要ポイントではなく、枝葉末節(つまりどうでもいいですよぉ♪)の部分を一生懸命まとめていたから。

うーん、残念!

さて、みんなの勉強は、きちんとツボを押さえた勉強になっているかな?

今、ちまたでは、疲れたOLやビジネスマンのためにツボ押しマッサージとか流行ってるよね。癒しだとかリラクゼーションだとかいっている。けれど、実際きちんとツボを押さえていなければ、癒しもへったくれもないよね。わーい(嬉しい顔)

それと同じで、ツボを押さえた勉強をしてこそ、成績に反映するんだよね。
英語で、ツボをついていない=回りくどいことを beat around the bush と言うのですが、やぶの周りをたたいて獲物を狩り立てるという意味です。つまり、この表現も「要点をついていない」ということ。

ANNEのこれまでの前フリも実は beat around the bush なのですが、気がついたかな? (でもおまけで英語の表現を紹介したから許してね… ちっ(怒った顔)苦笑)

では、ツボに入る勉強とは何か?

ずばり、教科書の太字を押さえるひらめき これです。
教科書は、文章の形でつらつら説明が長いですが、親切なことに重要語句、重要事項には、それとわかるように太字や枠囲いがしてあるよね。つまり、この太字や枠囲い部分が理解できていればそのパートはOK!ってこと。

例えば地理。インド。
  • かつてはイギリスの植民地。

  • 人口=中国について世界第2位 (約10億人)

  • 公用語=ヒンディ語。 英語は準公用語

  •   
  • カースト制度(身分制度の名残)あり

  •   
  • 米の生産量 世界第二位 cf 一位=中国

  •   
  • インド代表的料理=カレー料理



ポイントはきっちり押さえる。ポイントがいくつあるかチェックしよう。たとえインドの説明が2ページぐらいあっても、コンパクトにすれば5項目ぐらいにまとめられる。ポイントがどこかイマイチ不明な場合(あるよね。教科書ってながながっちいから〜)超コンパクトにまとまった参考書に頼るのもGOOD!
肩が痛ければ、整形へ行くように、歯が痛ければ歯医者に走るように、ツボがわからなければツボ押し名人(つまり要点まとめ本)に頼ってしまおう。少なくとも獲物がいるかもわからないヤブをつつくよりは時間の節約になるよね。

最小努力で最大効果を発揮できるのが、デキルヤツだ! 長時間座ってテキスト広げていれば勉強ができるわけじゃないよ。
ミニマムな時間で勉強することで、集中力がアップするし、同じ時間で2倍3倍の濃度の勉強ができるはず! あいた時間はリフレッシュに使おう。そうすればモチベーショングッド(上向き矢印)でしょ?

ポイントを押さえて最小努力で最大効果をあげる。これは、社会へ出てから一番求められること。無駄を省くっていうのかな?
勉強って面倒だけど、結局社会へ出てから必要なこのスキルを磨くための訓練なんじゃないかな?本当は・・・

がんばれ、未来ある若者諸君!! 

では、本日の授業はここまで。起立。礼。チャイム♪


今日紹介したテキストはこれ!
posted by ANNE at 02:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

10限 試験前はテキストを逆から読みすすめよう♪



久しぶりの授業です(笑)
中学生のみんなは、そろそろ学年末テストの時期かな?

英数国は頑張るけれど、理科社会は、ついつい試験直前の即席漬け状態になる人はおおいんじゃないかな?
わかるよ。かくいうANNEだって、その昔理社は一夜漬けだったもん。
そのたびに思うんだよね。あぁ、一週間前に少しでもやっておけば、今寝れるのに・・・と。
理社の試験範囲って、結構広いんだよね。明日社会の試験というとき、眠くて試験範囲最後まで目を通せないまま、翌日を迎えてしまった経験はもう、数知れず…

だから、試験一週間の今、どうせまだお尻に火がついてなくて、やる気も出ないだろうから、社会の試験範囲の教科書を一通り読もう

ここで、ポイント!!
教科書は、試験範囲の最初から(つまり前の範囲のあとから)ではなく、尻尾から(つまりつい最近勉強したところ ex.p135〜p200だったらp200からさかのぼって)読むことだ

なぜか。ピアノとか音楽の練習をしたことのある人ならわかると思うけれど、最初はできても曲の最後までたどり着いてない…ということが往々にしてあるから。いつも途中でいや気がさして、ラストまでたどり着かずに、また最初から。だから範囲の最初は結構上手に弾けても、曲のラストは覚えもしてないので、手も足も出ず… なんてこと経験ない?

いや、別に音楽の話でなくて、社会のテストで、範囲最初:例えば江戸時代は結構ばっちりなのに、大正時代のことはぜーんぜんマークしてなかったとか…がく〜(落胆した顔)

だから、まずラストからさかのぼって教科書を読もう。(できれば太字キーワードを確認しながら…)そうすれば、あと万が一試験前日まで社会をほっぽらかしてしまったとしても、今度は最初から教科書を読んでいけば一応試験範囲をカバーできるでしょひらめき

あとは、いかに効率よく記憶できるか!が勝負。
今日、君がやることは、最近授業で習ったあたりから、逆に教科書を読むことです。そんなに難しくないでしょ?

11限の授業では、いかに効率よく勉強して結果を出すか? についてお話します。
本日の授業はここまで。起立。礼。チャイム♪

試験前は、やっぱり教科書ぴったりタイプがオススメわーい(嬉しい顔)
中学教科書ワ-ク 中学社会 歴史(教育出版版)

中間・期末対策は教科書準拠型問題集が強いわーい(嬉しい顔)
タグ:社会全般
posted by ANNE at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

9 9限 膨大な勉強範囲を細分化しよう♪

せっかく勉強しなきゃな…と思い始めた君。
その気持ちがダウンしないようにしよう。

え、どうやって?

って思うでしょ?

それは、「作業を細かく分ける」ということです。
社会は大きく分けて「歴史・地理・公民」と3分野あり、その中にさらに細かい項目があります。

公民だって、政治、経済と大きく分野がちがうでしょ?
それを全部やらなきゃ!!と思うから、やる前から疲れちゃう…

でも、「今日はここだけ」と決めれば、そこに集中できますよね。
たとえば今日は「縄文・弥生時代だけ」とか、地理だったら「アジアの地理」とかね。

具体的には、8限で説明したように、薄いテキストを使ってミニマムな基礎知識をまず頭に入れる。
「6限 問題集はこう使うべし」を参照してね。

そしてその日の社会の勉強はそれでおしまい。

8限で紹介した高校入試中学1・2年の総復習社会では、歴史分野は10項目(11〜20)にわかれています。これなら、歴史は10日で終わることになりますね。ちなみに地理も10項目です。こちらも10日で終わります。(よかった、よかった)

やるか、やらないかは大きな違いだよね。まず、スタートしよう。
少しでもやれば、「社会を勉強した」という達成感と自信となって、次に進むことができるよ。 

貯金を始めると、「貯めた」という行為が自信になり、また貯めた結果が「貯金額○万円」と数字になって現れるから励みになってますます貯める、というのとなんだか似ています。

社会の暗記事項をマスターして、ポイントがたまり、テストで高得点をgetできれば、また嬉しくなってもっと頑張ろう…なんて上向きな気持ちになれる。

「千里の道も一歩から」昔の人っていいこと言うよね。一歩踏み出して1年後、2〜3年後の春に笑おう!

本日の授業はここまで。起立。礼。チャイム♪


タグ:社会全般
posted by ANNE at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

逆算方式で考えよう

社会の勉強進んでる?

まだまだ実感ないよね。今年受験生の君も、年がまた明けたばっかりだし、漠然とやらなきゃなぁ…なんて思っているんじゃないかな?

高校受験はいよいよ目前!私立の高校が2月はじめごろから試験スタート、そのあと公立高校の試験になります。今の時期は受験生が願書を提出に行くシーズンです。

ということは、今年中3の君はほぼあと1年。部活をやっている君なら、夏までは部活も忙しいし、1年のうちには、中間テスト、期末テストも計5回あります。その間は内申点を上げるためにも試験に専念しなければいけない…。しかも社会ばかりやっているわけにはいかないですよねぇ。

料理でも段取りがよければ、熱いものは熱く、冷たいものは冷たく、おいしい料理を効率よく作れます。
勉強も一緒なんですね。

たとえば、鶏のから揚げ、スープ、サラダ、ご飯、煮物というメニューだったとしてどこからスタートすれば短時間でおいしくできるでしょう?

答え:

  • @ご飯を洗って炊飯準備。→炊飯→保温

  • A煮物の材料を切り、なべにかけて煮物を作る。このとき油ものでない材料は切っておく

  • Bサラダの材料を洗って切っておく→サラダができたら冷やす。

  • Cから揚げの肉に下味をつける。

  • Dスープの用意。

  • Eから揚げを揚げる→盛り付け



こんな感じで完成図を頭に描きながら作業をすると、何を最初にして、何を後からすればいいかわかってくるんですね。社会の勉強はこのメニューの例では煮物を作るのに似てるかな?

最初に作って味をしみこませるほうがおいしい煮物と同じで、最初に覚えるための段取りをしておいて、あとはちょくちょく見返す。記憶がしみこんでおいしい状態になる。

ま、へんなたとえですが、要は、時間のかかるものほど早いスタートで楽できるということです。

さらに、ついでにできることはついでにしてしまえば、手間は一度で済みます。
「1action 3job=(一つの動きで3つの作業を行おう)」。これはANNEのバイト先で教えてもらった言葉ですが、何事によらずこれを意識すると作業に無駄がなくなります。大変よいことを教えてもらっちゃいました…

ついでにできること=中間・期末テストの準備と受験勉強をラップさせちゃう!

中間・期末テストの範囲・・・前に習った範囲のあとから、今習っている単元までと予測がつくよね。
今習っている単元→さかのぼってまとめていく。ex)昭和の歴史→明治の歴史 という具合。

6限で説明したように、
問題集もしくは、教科書の単元を一項目1ページを目安にまとめる→範囲の問題演習→答え合わせをして、間違った問題をピックアップ→記憶→テストペン

これが社会の勉強1サイクルです。運動部の君ならサーキットトレーニングって知っているよね。それと同じで、勉強も1つの流れを作ろう!

今の時期に問題集まとめノート(※)が作ってあれば、2度目の項目確認になるわけです。
もし、作ってない場合は、試験前1週間で即作業開始。薄い参考書、問題集なら即効おわり。
あとは、範囲内の問題を解く。このときの問題はまとめ用の問題集とは違うものを使うのもテ。
このくり返しで、確実に社会は得点アップできます。

ちょっとの努力で、1年後笑いましょう\(^o^)/黒ハート黒ハート

※ このまとめノートは是非保存しておきましょう。せっかく作ったものは有効に何度もリサイクル。

では、きょうはここまで。
起立。礼。チャイム♪



今年受験生の君なら、この問題集を使うのもいいかもね。わーい(嬉しい顔)
タグ:社会全般
posted by ANNE at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

7限 孫子の兵法って知ってる?

こんばんは。早速だけど、孫子の兵法って知ってる?
最近、ビジネス書コーナーとかで、山積みしてたりするよね?
生き方指南書、とか、この厳しい時代を生きるみたいな位置づけかな?

でも、実際[孫子の兵法」って何?って感じだと思うので、ここで有名な一節をご紹介♪

「彼れを知り、己れを知れば、百戦殆うからず。彼れを知らずして、己れを知れば一勝一負す。彼れを知らず己れを知らざれば、戦うごとに必ず殆うし。」中国古典名言事典 講談社学術文庫 より

意味はなんとなく伝わるのではないでしょうか? 漢字って便利ですね。(知らない単語でも意味わかるし...この辺が英語をはじめとする外国語との違いかな? どうでもいいけどね)

つまり、
彼れ(敵)=入試の問題、もしくは目的とするゴールをクリアする手段
己れ=いわずと知れた君たち自身です。

●野球やサッカーの試合だって、対戦相手を研究し、対策を立てるでしょ?それと同じで、敵の実態、問題傾向などをきちんと知って、それに対する対策をし、問題をクリアできる力をつければ、百戦殆うからず、すなわち入試に勝てる!!と言うことです。わーい(嬉しい顔)

●逆に入試問題をきちんと研究し、どんな問題がでるのか、どんなレベルなのかを知らないまま、入試に臨めば、合格の可能性は五分五分ということですね。自分が知っていることが出れば楽勝だけれど、ぜんぜん守備範囲でない内容を問われたら全滅の危機?もうやだ〜(悲しい顔)

だから、何事にもいえることだけれど、まず過去問(過去に出された入試問題)を入手し、ひととおりといてみる。もしくは、解答と照らし合わせて、どのレベルまで自分の実力をアップすべきかチェックしましょう。exclamation

●彼れを知らず己れを知らざれば、戦うごとに必ず殆うしexclamation×2がく〜(落胆した顔)
これは、負け戦間違いなしですね。野球でいえば、相手のピッチャーがどんな球を投げるのか、ストレートに強いのか、フォークが強いのか、どんなときに攻略しやすいのか? スピードはどうか? そんなことを知らずにやみくもに打席に立っても空振りするようなもの?野球


☆★☆ANNEの必勝ルール☆★☆

過去問を制するものは、試験を制する




まずは、自分の目標とする敵(高校入試問題、その他試験問題)データを手に入れましょう。スタートが早ければ早いほど、ゆっくり攻略出来るので、オススメです。私立、公立で試験傾向がずいぶん違うので、自分の目指す学校のものをセレクトしましょう。

いきなりスタートダッシュすると、息切れがするので、とりあえず入試問題を入手したところで、ミッション完了。あとはゆっくりナビしちゃいます。

では、起立。礼。チャイムるんるん

P.S. ずいぶん過去問に行き着くまでの前ふりが長かった? ごもっとも。でも、過去問をしっかり研究すべし、といったって、そんな当たり前のこと知っとるわ、このボケ、ぐらい突っ込まれそうだし、何しろ全うすぎて面白くないでしょ?

授業内容にご意見、ご感想のある人、コメント歓迎します。こんなこと取り上げてほしいというリクエストも待ってるよ〜♪


今日ご紹介の孫氏の兵法は、こちらでチェックしてみてね。
タグ:社会全般
posted by ANNE at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

6限 問題集はこう使うべし!



いよいよ6限。社会科学習実践編に入ってきたわけですが、いかがですか?
社会、征服できそうな気がしてきたかな?わーい(嬉しい顔)

本日の授業は、問題集の使い方。

使い方って、問題集なんだから普通に問題を解くんじゃないの?って思うでしょ? 違います(きっぱり)exclamation

じゃ、どうするか?
問題集1冊に、ノート(ルーズリーフがおすすめ!)1冊用意すべし。
問題集1ページ目から、解こうなんて無駄な努力はやめましょう。ANNE流社会科征服計画では、問題集の解答ページを開いて、ノートに解答を書き写していきます。ね、簡単でしょ。

問題集なのに、なんかそんなインチキみたいなことしていいの?

ごもっともなご意見です。はい。いいのです。

なぜなら、知識がないところで問題集に取り組もうとしても、所詮ムリ!だからです。下手すると問題一問目からコケる危険性大!!です。

「ANNE流中学社会征服計画」を応援してくださっている皆さんの最終目標は「高校合格」もしくは社会成績アップですよね。別に中学といっていますが、中学生の方だけでなく高校生にも小学生にも社会人?の方にも
何かの形で応用していただけるはずです。(多分・・・)!

ならば、結果から逆算して考えましょう。

  • @問題集の一問目からうなるよりも問題集の答えをとりあえずチェックして理解する

  • このほうが、時間と労力の節約になります。(自分の社会科知識に自信のある方はこの限りではありません

  • A薄い問題集なので、さっさと問題と解答をノートに写しつつまとめる。(最後まで)
    ★ポイント:このときの解答は赤ペンで写そう。


  • B問題集2順目。今度は多少知識が入っているので、クイズ感覚で問題にトライしてみよう。
    ★ポイント:このときも2順目であることをノートに明記して、解答はノートに記入。

  • C答え合わせをして、問題集にマーキングしよう。ばっちりOKなら☆ 、間違えたぁという問題なら★とかね。


  • 毎日やると飽きるから、@、Aのステップが終わったら、毎週○曜日とか、塾とか部活とかない週末とか、細切れ時間で1単元ずつ片付けていくと効果的です。忘れることを前提に、「忘れたら覚えなおす」筋肉と一緒で急には記憶は定着しないけど、何度も筋トレするうちに記憶はきっとアップします。

    この方法は、問題集の問題が解けないとイライラしてしまったANNEが生み出した画期的プランです。精神安定上も大変よろしいです。©つきです。それを、受験を先に控えた君たちに特別に伝授しちゃいます。

    だから、一緒にがんばろ♪ 

    では、起立。礼。チャイム♪




    問題集に飽きたら、こんな本で気分転換。ビジュアルに脳を刺激しよう♪


    一通り問題集の回答集を作成したあとなら、こんなソフトを活用してみるのもテかも…









posted by ANNE at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

5限 参考書、問題集は薄めを狙え!


皆さん、がんばってるかな??この授業から、いよいよ社会科攻略法を伝授しちゃうよ。
Are you ready? 


☆★☆ANNEの鉄則☆★☆ 一見、一冊買うなら、いろいろ情報満載なもののほうがオトクに思えるけれど、はっきり申し上げよう。三日坊主になることが見えている! 最初の10ページこなすのに、10日かかる問題集1日で終わる問題集、どちらがラクでしょうexclamation&question

答えは、1日で終わる問題集ですね。
とっかかりで息切れすると、テンション激ダウンバッド(下向き矢印)すること間違いなし→いや気がさしてそのテキストを開かなくなる→せっかく分厚い分高価なのに、本棚の隅でホコリをかぶってテキストが泣く、という図式が見えてしまいます。がく〜(落胆した顔)

だったら、欲張らずに薄めを3回目を通すほうがずっとお得、じゃありません? お金の問題じゃなく精神的に終わりが見えればやる気もあーっぷ右斜め上

しかも、薄いテキストは、薄いだけに「これだけは!」というはずせない項目をミニマム(最小限)の詳しさで解説しているので、超効率よく最小限の努力で覚えられる! これはぜーったいラクです。わーい(嬉しい顔)

ANNEの哲学は「ムリをしない」ということ。○○年生きてきてムリをしすぎるとロクなことがないことがわかってきたので、無理をしない努力をオススメするのです。

高校入試の社会は少なくとも、歴史・地理・公民の3分野あるのだから、1分野ずつが速くクリアできたほうが精神安定上よいに違いない。あ、だからといって、薄いテキスト3分野分買ってきて一度にやろうとしないように!

なんにせよ欲張ると挫折するモトです。

次回は、その薄いテキストの使いこなし術をご紹介。お楽しみに。(楽しかぁないか?)
起立 礼 チャイム♪


このテキストはウチの中学生の息子のために買いましたが、薄さ加減がgoo!


タグ:歴史
posted by ANNE at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

4限 事件の裏に原因あり!Whyを大事にしよう

歴史というのは、人間が歩んできた道を勉強する学問です。

今、当然の権利となっている、(いや君たちにとっては義務かな?)義務教育という制度も、過去に必要性を訴えて実現した権利なのです。

教育の機会を与えられずに、貧困の中で生活する子供たちも沢山います。義務教育というのは、子供や保護者にとっての義務ということではなく、国の義務で全ての子供に教育の機会を与えるという権利なんです。

知ってましたか?

ところで、第一次世界大戦、第二次世界大戦はなぜ起こったか知っていますか?

結局のところ、各国の勢力争い!!なんです。ゲームと一緒で、どこかの国が勝てば、どこかの国が負けて不利な条件を突きつけられる。だから今度はリベンジ!

昔から人間は同じことを繰り返してきたのですね。

第一次世界大戦は,ドイツ中心の勢力イギリス中心の勢力がぶつかり合って戦争に発展。このときは日本は日英同盟を理由に連合国側で参戦。結果はイギリスを中心とする連合国側が勝利しました。

第二次世界大戦は、世界恐慌から始まった。ヨーロッパではドイツのヒットラーが、イタリアではムッソリーニがファシスト政権を樹立。日本では関東軍がアジアに進出。アジア各国を侵略。これに反対した連合軍が経済制裁などを加え、日独伊は連合国と戦争に。
結果は連合国側の勝利。

大筋はこんなところです。経済制裁とか、今でも新聞テレビで頻繁にいってますよね。
最近、北朝鮮やイラク、イランもなんか騒がしいし… 

で、みんなに考えてもらいたいのが、なぜ今こんんな状況なのか!!ということです。年号は時代の縦軸です。そして事件の裏には、原因があります。首謀者がいます。

首謀者というのは、そのときの権力者にたいして首謀者といいます。もし、その首謀者が権力者を倒して(いわゆるクーデターです)権力を掌握すれば、その人が今度は権力者となります。そして、やりたいことをやる。

そして、その政策なり政治なりに反発する人が、またコトを起こす。

そのくり返しが歴史です。

だから、君たちは、「誰が(who)どうして(why)そんなことをしたのか?」を常に考えよう。その考え方は、きっと将来社会に出たときに役立ちます。

何故なら、
 誰が(who)どうして(why)そんなことをしたのか?
     ↓
 そしてどうなったのか?
     ↓
 自分だったらどうするか?
     ↓
 どうすれば、よい解決を導びけるか?

と考えることで、推察力、想像力、問題対処能力が養われるからです。

社会を勉強する意味と目的がわかったら、今度はいかに効率よく勉強するか?だよね。

それは5限以降で。

本日の授業はこれでおしまい。礼 チャイム♪



[タイトル] 世界の歴史 (16) 第一次世界大戦 : 戦火におおわれるヨーロッパ 集英社版・学習漫画
[著者] 柴 宜弘小菅 宏
[種類]..



posted by ANNE at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

3限 歴史はイメージ力だ!

歴史は、一つ一つの重要語句を覚えるだけではダメだよぉ。

例えば、マリー・アントワネットって誰だか知ってる?
今度映画が封切りされるから、テレビで特集を組んでいたりして知っているかも知れないね。

彼女は、オーストリア帝国マリア・テレジア女帝の娘で、14歳でルイ16世にお嫁入りしました。天真爛漫なお姫様で、よく言えば素直、悪く言えば空気が読めないおばかさんでした。ブルボン王朝の太陽王ルイ14世存命中はよかったのですが、ルイ16世が即位して、王妃になってからが大変。このルイ16世も凡庸な王様だったようですが、何しろこの王妃様といったら、贅沢三昧。民衆が植えていても、「パンがなければお菓子を食べればよろしいでしょ」なんて豪語しちゃう。しかも超セレブなので、金銭感覚もゼロ!フランスは膨大な赤字国家に転落…

そりゃムカツキますよねぇ。てなわけで、彼女の行動があれこれ取りざたされ、ひんしゅくを買っちゃいます。民衆の不満、怒りが頂点に達し、フランス革命勃発。最終的にはギロチンで処刑されてしまうという激動の一生を終えるのでした。

マリー・アントワネット という人物だけ知っていてもどんな人だったか、どんなことをして処刑されたのか、わからないより、わかったほうが納得いくでしょ? ワイドテレビの犯人を追うレポーターみたく… 

実は、歴史は、教科書に出てくる文字だけ追っていてはつまらないんですね。自分が映画監督もしくは脚本家になったつもりで、教科書に書いてあることの奥をのぞいてみると、面白いんです。だって歴史を題材にとった映画やドラマ、ゲームも漫画も多いでしょ?

その事実にどんな意味があるんだろう??

これを頭において歴史を見てみよう。どんな事柄にも歴史があって今があるんだよ。その事柄が原因で、歴史がよく動いたり悪く動いたりする。

歴史を好きになるには、想像力=イメージング力を鍛えるのがオススメ。受験生になる君も、実益を兼ねた気晴らしに、ANNEオススメの本やドラマ、漫画などをcheck it out!

お家の人に、「勉強しないで漫画ばかり読んで!」とか言われたら、「これは勉強になるからいいんだよ。社会の成績アップしたら嬉しいでしょ?」なんて堂々と読んじゃおう。実はANNEも昔高校の世界史の先生に『「ベルバラ」や「アドルフに告ぐ」「オルフェウスの窓」などは勉強だからしっかり読むこと』とアドバイスされました。教科書だけでは断片的にしか捕らえられない事柄が漫画やドラマでは有機的に結びつくからイメージング力アップに超役立ちます。今年の春休みは歴史漫画で過ごそう。

では3限目おしまい。チャイム♪

[タイトル] マリー・アントワネット―革命の犠牲になったフランス最後の王妃
[著者] 石井 美樹子市川 能里
[種類] 単行本
[発売..



本こちらは、ロシア革命をテーマにした池田理代子さんの名作漫画「オルフェウスの窓」


本こちらは、ご存知?フランス革命をテーマにした歴史的名作「ベルサイユのばら」


本最後は手塚治氏の「アドルフに告ぐ」アドルフ・ヒットラーのお話だったと思います。(ちっ(怒った顔)


他にもいろいろ歴史関連の漫画はあるので、探してみてね。探して読むごとに君の脳には、歴史のデータベースが出来てくる…
posted by ANNE at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

一限目 社会科も5W2Hだ!

社会科も5W2Hだ!

社会科=暗記、面倒、つまらない
と思っている皆さん

社会科=暗記すればよい、勉強したら必ず結果が出る科目、ポイントを稼げる科目

と社会科を再認識しましょう。

ANNEは理系はイマイチ苦手でした。それこそ意味不明ふらふらな内容をわけわかんない先生が説明するので、ますます理解不能もうやだ〜(悲しい顔)!!

でも、社会科は、たとえ先生に恵まれなくても、教科書を読んで理解することができる!これはラッキーexclamation

さて、社会の教科書は文章でつらつら書き連ねてありますよね。ANNEにも経験がありますが、テスト前あのテキストを読んでいるといつの間にか眠りに落ちてしまうんですねぇ。だって、退屈なんだもん… (出版社の人達、教科書作りに携わる人、ごめんなさい。ご苦労はよくわかっています)

そこで、

教科書の内容を効率よく、覚えやすくするためにカスタマイズしちゃいましょう!!!

ここ、重要です!

では、どうやってカスタマイズするか?

ずばり、5W2H大作戦です。
「なにそれふらふらexclamation&question

5W=5つのW(who誰が, what(何を),when(いつ),where(どこで), why(何故))
2H=(how(どのように)、How much(どのように))

つまり、歴史なら歴史の項目をすべて5W2Hの形にまとめちゃえばいいんです。

例えば「鎌倉幕府設立」ならば、
who=源頼朝(武士の総大将 征夷大将軍)
what=鎌倉幕府を作る 
when=1192(いいくにつくろう)〜1333 約140年間
where=鎌倉
why=
  • 太政大臣になり、一族を高い地位につける

  •      
  • 平氏と院・貴族の対立が深まる

  •      
  • 武士の間でも国司の地位を利用した平氏の支配に不満

  •      </ul>

    という感じで、1つの項目で5W2Hを把握できるようにまとめればいいんです。(必ずしも5W2H全てでなくてもOK!)わかった時点で内容を更新していけばいいんですよ。

    ★ポイント★
    ●あくまで自分が効率よく暗記するためのものなので、詳細にまとめなくても重要ポイントがわかればOK。
    ●あとで追加・削除を行いやすいように、ノートはルーズリーフで足したり引いたりができる形が便利。

    ★ポイント★
    普段時間に余裕があるときに、こうしたデータベースを作っておきましょう。間違ってもテスト前にこの作業はしない事exclamation

    一限目の授業はこれでおしまいわーい(嬉しい顔) (チャイム)
    [タイトル] まんが攻略BON!中学歴史―定期テスト対策 (下巻)
    [著者]
    [種類] 単行本
    [発売日] 2003-03
    [出版社] 学研



    タグ:社会科全般
posted by ANNE at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

最強の社会科勉強法?

社会って、好き?
英語で社会科=social studiesと言うのですが、まさに文字通り社会の勉強ですね。

「社会なんて、勉強してなんになるの!?」
これはウチの中学生の息子のコトバです。

はい、ごもっとも。別に年号を覚えていても日常生活に一銭のトクにもならず、歴史上の人物を覚えてもその人と近づきになる訳でもなく…がく〜(落胆した顔)

「無駄じゃん!」ちっ(怒った顔)

ただね、社会の勉強は、さっきも言ったとおり、「社会」の勉強なので、全く無駄ではないんだよね。

年号を覚えるのは、歴史の縦軸の中でどのあたりの出来事なのかというメジャー(ものさし)になるから。グラフの座標のような感じ?

過去の歴史を勉強するのは、ケーススタディのように、事件があった原因を学んで未来に生かすため。裁判の判例とかも、過去の事件で類似の判例を探すように歴史的事実を学んで、どうすればよかったのか考えることは、大事なことです。その一番大きな意味が戦争の原因を知って、二度と戦争を起こさないことだとANNEは考えています。今世界情勢が微妙だけどね。

外交も国と国のお付き合い。相手がどう出るかを想定して動くことは、机の上だけでなく、実際に仕事をするようになったら、対上司、対取引先、対ライバル企業のプレゼン対策など、応用できることが多いと思うよ。

でも、やみくもに年号を暗記して、重要語句だけ覚えても、理解しなければ無駄な努力になってしまうのも事実!

ここは、「退屈な暗記」という苦痛を取り除き、効率よく、少しでも楽しく社会を勉強するための「最強の社会科征服計画」をご披露しましょう。

中学生になる君も、受験を控えた君も、いまいち社会の成績が振るわない君もさあ、お立会い! カチカチカチカチンコ

posted by ANNE at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。